2012年01月12日

No.245 フェアウェル さらば、哀しみのスパイ

================================================

欧 州 映 画 紀 行
                No.245   12.1.12配信
================================================

「ここじゃない何処か」に行ってしまいたい、あなたのための映画案内。
週末は、ビデオ鑑賞でヨーロッパに逃避旅行しませんか?
フランス映画を中心に、おすすめの欧州映画をご紹介いたします。

お久しぶりです。そして、
あけましておめでとうございます。
忘れた頃にちょろりと配信する不定期配信となっておりますが、
きっと今年もそんなペースで、よろしくお願いいたします。

★ 時代の大きなうねりのなか、ちっぽけな個人と個人 ★

作品はこちら
------------------------------------------------------------
タイトル:『フェアウェル さらば、哀しみのスパイ』
製作:フランス/2009年
原題:L'affaire farewell 英語題:Farewell

監督・共同脚色:クリスチャン・カリオン(Christian Carion)
出演:エミール・クストリッツァ、ギョーム・カネ
   アレクサンドラ・マリア・ララ、インゲボルガ・ダプコウナイテ、
   デヴィッド・ソウル、ウィレム・デフォー
-------------------------------------------------------------

■STORY&COMMENT
1981年、ブレジネフ政権下のソビエト連邦。
KGBの幹部・グリゴリエフ大佐は、国家の中枢に身を置きながら、西側諸国に置
いて行かれている国の状況に危機感を抱いていた。国をよくするためには現体
制の打破が必要だと考え、重要機密を西側へ提供する。そのメッセンジャーと
なったのは、なぜか単なる民間人。フランスの家電メーカー技師としてソ連に
赴任していたピエールだ。ピエールは、はじめはいやいややりつつも、国を動
かす機密を手にすることに興奮を覚え、またグリゴリエフの人となりにも惹か
れてゆき…。
“フェアウェル事件”は、ソビエト連邦を崩壊させたきっかけの一つともいわれ
る実在のスパイ事件。

私はこのスパイ事件は知らなかった。ふつうの人が知ってるような有名な事件
なのかどうかもわからない。まったく予備知識がないことも幸いしたか、「こ
の先どうなるの? どうなるの?」とときには、怖くてちょっと止めながら観
ていた。少し大げさだけど。怖がりなんだな。
どこまで忠実に描いているのか、正確なところはわからないが、この作品の結
末が事実なら、「事実は小説より奇なり」というにふさわしい史実だろう。

西側と東側の対立、冷戦という大きな背景がある。そのなかでソ連を裏切りス
パイ行為を働く大佐がいて、そこに巻き込まれるフランス人青年がいる。とて
つもなく大きな大きな話なのだが、観ていて惹かれるのは、少しずつグリゴリ
エフとピエールが友情を育てていく、ごくごく小さな個人の交じり合いだ。ピ
エールはグリゴリエフの身を心から案じて亡命を勧め、家族のリクエストにも
応えてクイーンのミュージックテープやらシャンパンやら、頼まれては西側の
物資を届け、情報と物資の受け渡しの場は、グリゴリエフにとっても誰にも言
えない思いを語る場所になっていく。

監督のクリスチャン・カリオンの作品は、『戦場のアリア』という作品を観た
ことがある。このメルマガでも紹介した。主演はピエール役のギョーム・カネ。
http://oushueiga.net/back/film126.html
第一次世界大戦中、塹壕を築いて戦うスコットランド軍、フランス軍と、ドイ
ツ軍が、クリスマス・イブに1日だけ休戦して兵士同士が友情を交わす物語だ。
国と国の戦いという大きな流れのなかで、たまたま1日実現した吹けば飛ぶよう
な、小さな人と人との交流。そんなテーマが好きな監督なのだろうか。

グリゴリエフもピエールも、国とは別の次元でしばしば「裏切り者」とののし
られる。グレゴリエフは反抗期の息子に「体制派」であることをうざがられ、
そして浮気がバレてますます息子に嫌われる。ピエールは、危ないことに首を
つっこまないでくれと願う妻からののしられる。
国を背負った大きな裏切りのなかに、身近なところでの、しかしそれを咎めら
れればひしひしと痛い裏切りが描かれる。

国と国との戦い、対立、国への裏切り、それらよりも個人のが尊いとか、大切
だとか、比較しているわけではないだろう。
ただ、小さな個人の交流の向こうに大きな流れを見ると、その悲しい現実は、
ずんと重くさらに悲しく伝わってくる。


■COLUMN
グリゴリエフ大佐を演じたのは『アンダーグラウンド』や『ライフ・イズ・ミ
ラクル』などで知られるエミール・クストリッツァ監督。新作が公開されれば
必ず観に行く私のお気に入りの監督の一人だ。自作には必ずちらっと出演して
いる人だが、他の人の作品で主役を演ずるとは何をやっているんだろうと驚い
たが、調べたら、私が知らないだけでちょくちょく映画出演はしているようだっ
た。

もともと大佐の役にはロシア人の俳優が決まっていたらしいが、実話であるた
めに、ロシア政府もいい顔をせず、ロシアの参加が全面的に不可能になっての
キャスティングだったという。
もともと演ずる予定だった俳優を私は知らないが、「ソ連」の「大佐」といっ
たら、いかめしく、オーセンティックな雰囲気が似合うように思う。クストリッ
ツァの容貌はそれからかけ離れていて、当初の予定とは作品の雰囲気はずいぶ
ん変わったのではないかと想像する。
余談になるが、「クイーン」を知らなくてうまく発音ができないシーンでは、
クストリッツァ本人がオーバーラップして、「クイーンを知らないクストリッ
ツァ」にちょっと笑ってしまった。

キャスティングにケチをつけているわけではない。
全体としてよくはまっていて、新たにこの映画をリメイクして他の誰かが大佐
役をやると言われたらピンとこないと思う。
友情が生まれて以降の大佐とピエールが語り合う様子は、人生の先輩・兄貴分
と弟分という風情で、本当にこの友情がいつまでも続くようにと願わずにいら
れない、美しい光景だった。

そして、クストリッツァ監督がかなり好きで、ギョーム・カネという俳優をけっ
こう好む私は、この美しい光景に、ついうっかり、監督と俳優が映画論を交わ
しているところを夢想してしまうのだ。あまりいい観方ではないけどね。

キャストについてつけ加えれば、『戦場のアリア』に出演していた俳優たち、
ダイアン・クルーガー、ベンノ・フユルマン、ゲイリー・ルイスもカメオ出演
している。

---------------
★DVD
『フェアウェル さらば、哀しみのスパイ』¥3,683
http://amzn.to/xC42bk

価格は2012年1月9日現在のアマゾンでの価格です。
短いURLにしていますが、アマゾンの商品ページにつながります。
アフィリエイトリンクです。

★本日のメルマガ、気に入ったらクリックを! コメントもぜひ。
http://clap.mag2.com/caemaeboup?B245
---------------

感想、質問、リクエストなど、なんでもお待ちしております。

ホームページ http://oushueiga.net/
バックナンバー http://oushueiga.net/back/
blog版 http://mille-feuilles.seesaa.net/

編集・発行:あんどうちよ
筆者について http://oushueiga.net/about.html
twitter: http://twitter.com/chiyo_a

リンクは自由ですが、転載には許可が必要です。
一部分を引用する場合には、連絡の必要はありませんが、
引用元を明記してください。

Copyright(C)2004-2012 Chiyo ANDO

---------------


ラベル:フランス ロシア
posted by chiyo at 22:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。