2006年11月05日

人間の体、動物の体

それほど期待しないで、仕事の資料にでもなれば、と
読んでみたら、いつの間にか夢中になってしまった本。

遠藤 秀紀 / 光文社
Amazonランキング:5848位
Amazonおすすめ度:



生物や、進化の基礎知識もなく、
人間の体の作りのこともよく知らない私だが、
そういうところの基礎知識が(ちょっと)身について、
手を動かしたり、歩いたりするたびに、
人の構造を意識するようになった。

身近な自分が、自分じゃなくなるような、
よりよく認識できるような、不思議な気分がする。

生物とか身体とか、あんまり興味のない人にもおすすめ。
posted by chiyo at 22:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック