2008年10月24日

No.190 レンブラントの夜警

================================================

欧 州 映 画 紀 行
              No.190   08.10.24配信
================================================

「ここじゃない何処か」に行ってしまいたい、あなたのための映画案内。
週末は、ビデオ鑑賞でヨーロッパに逃避旅行しませんか?
フランス映画を中心に、おすすめの欧州映画をご紹介いたします。

★ あやしさにひきつけられて ★

作品はこちら
------------------------------------------------------------
タイトル:『レンブラントの夜警』
製作:カナダ・ポーランド・オランダ・イギリス・フランス・ドイツ/2007年
原題:Nightwatching

監督:ピーター・グリーナウェイ(Peter Greenaway)
出演:マーティン・フリーマン、エミリー・ホームズ、マイケル・テイゲン、
   エヴァ・バーシッスル、ジョディ・メイ、トビー・ジョーンズ、
-------------------------------------------------------------

■STORY&COMMENT
1641年オランダ。画家レンブラントは、一流肖像画家としてその名はヨーロッ
パ中に響き渡り、弟子を何人も抱えた大きな工房で順風満帆の日々を送ってい
た。マネージャーとして能力を発揮した妻は男児を出産。公私ともに、さらに
幸せな人生が続くと思われた。
彼は時に、注文主の意向に沿わず、モデルの内面や外に隠した裏の顔を絵に表
すことがあった。アムステルダム市警団からの集団肖像画の注文にも、同じよ
うに臨むが、それは陰謀と凋落への入り口だった……。

「絵画のように」と言えば、美しいとか格調高いとか、そんなことの比喩に使
う。しかしこの映画を「絵画のように」と書き出して形容する場合、「あやし
い」。(余談だけれど最近、常用漢字で「怪しい」と「妖しい」の書き分けが
できるようになったらしい。ここではその両方を含んだひらがなの「あやしい」
である。)
広い空間にベッドやテーブルなどがあってそれを真正面から捉える構図が多用
されて、はじめは演劇の中継のように感じた。だけれどこれは絵画の映画だか
ら、これは絵画の構図をくどいくらいにまねしているのだ。
へー、演劇が絵画的だと感じたことはなかったな
なんて思いながら観ていたら、終盤、演劇=絵画が、けっこうこの映画のテー
マみたいな形でつながって、ちょっと驚いた。

ああ、そうそう、「あやしい」話だ。
ここに見えるあやしさというのは、例えば「背景」と思えるところにちらちら
と描き込まれる(映し込まれる)何かの多さであったり、独特の光の足らなさ
であったり、逆に独特の光の入り込み方であったり。「1枚の」フレームの中
に、ここは、ここはといくつもの意味ありげなものを発見する。
「夜警」に隠されたメッセージなんてイントロダクションも含めて、何か異様
なるものを秘めているんじゃないかと、画はあやしい。

カメラがずーと移動をしていったと思ったら、きゅっと画面が落ち着いて固定
されると、まるで画家がここでこうと、構図を決めたかのように見える。作り
手は「映画」なんて撮ってないんじゃないだろうか、という気さえする。(案
外、外れてないかもしれない)

「夜警」に秘められたミステリーというのは確かに興味深く、長くてだれそう
な流れにアクセントを与えて、観やすく引きつける要素ではある。が、謎解き
そのものを本筋だと思って観ると、きっと失望する。

それでもやっぱり、「夜警」の絵が手近に置いて、レンブラントが込めたメッ
セージは何? と思いながら観たらより楽しい。
簡潔な解説もついて大きく拡大できる画像つき。今すぐ夜警を参照したいなら
ここのサイトはおすすめ。
http://www.salvastyle.com/menu_baroque/rembrandt_night.html

■COLUMN
決して違和感ではなく、面白いと感じたのは、全体のあやしさや、レンブラン
トの夜警というテーマの大きさなどから比べたときの、レンブラントというキャ
ラクターの普通さだ。

少し記憶があやふやだけれど、レンブラントが冒頭に襲われる「悪夢」はグリー
ナウェイ監督の『英国式庭園殺人事件』のラストシーンと同じだと思う。だか
ら、関連づけて考えてみてもいいってことだと思うけれど、『英国式……』に
登場する画家と比べても、レンブラントにはずいぶんアクが抜けている。

レンブラントを演じたマーティン・フリーマンは、三谷幸喜の二人芝居「笑の
大学」のイギリス版「Last laugh」で劇作家役だった人。日本公演でこの芝居
を観た私は、「舞台で観た人だ〜」と、観る前から勝手に親近感を持っていた
から、そのせいかもしれないとも思う。(ミュージカルならともかく、映画で
主演するような外国人俳優をストレートプレイで生で観ることって少ないから)

思い過ごしではないと思う。「夜警」で市警団の秘密を暴くというのも、いろ
いろ知ったらめちゃめちゃだから、肖像画でそれっぽく描こうというだけで、
何か特別な正義感や無鉄砲さがあったのとは違う。気は強くて、プライドも高
そうなところは「高名な画家」だけれど。

特に、女性との関係においては、わざわざ「普通の男なるもの」を用意したか
と思うほど、普通だ。「普通だ」が、悪く聞こえるようだったら「普遍的だ」。
打算的に画商の姪と結婚したけれど、産後に妻を亡くしてしまうと、いかに自
分が彼女を必要とし愛していたか気づく。底なしの悲しみに突き落とされ、乳
母と「身体の関係」に溺れ、やがて昔から知る20も年下の女性に永き愛を見出
し、夜警以降の凋落から愛による再生へ……。

こう考えていたら、絵画、絵画、絵、絵、絵、と、映像やら構図やらばかり気
にして観ていたけれど、この作品はホントは「愛」をかなり太く描いていたん
じゃないかと思い始めた。それも、一人の特別な天才画家の愛ではなく、普遍
的に、愛とはなんぞやとか、肉の愛とはなんだ、くらいに根本的に。
その方面に心を向けて観ていなかったから、わからない。
「愛」に焦点をあててもう一度観たら、印象がずいぶん違うかもしれない。け
ど、これをもう一度通しで観る気力・体力は、残ってないや。またの機会に。

■INFORMATION
★DVD
レンブラントの夜警
価格:¥ 3,416(定価:¥ 3,990)
http://www.amazon.co.jp/dp/B0019R0XQ4/ref=nosim/?tag=oushueiga-22

★今日のメルマガ、気に入ったらクリックをお願いします。
http://clap.mag2.com/caemaeboup?B190

★コメントをくれた方へお返事
mami 様
ご近所さんですね! 今日も昨日も、どこかですれ違ったり、してるかもしれ
ません。
私がつらつらと書くもので、世界が広がったとは、とってもとってもうれしい
お言葉です。その分、ああ、変なことに巻き込んでしまったらどーしよーっと
責任も感じるのでありますが。
これからもどうぞよろしくお願いしますね。


---------------

お便り待ってます!


編集・発行:あんどうちよ

リンクは自由ですが、転載には許可が必要です。
一部分を引用する場合には、連絡の必要はありませんが、
引用元を明記してください。

Copyright(C)2004-2008 Chiyo ANDO

---------------
posted by chiyo at 01:17| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

No.189 スプレンドール

================================================

欧 州 映 画 紀 行
               No.189   08.10.16配信
================================================

「ここじゃない何処か」に行ってしまいたい、あなたのための映画案内。
週末は、ビデオ鑑賞でヨーロッパに逃避旅行しませんか?
フランス映画を中心に、おすすめの欧州映画をご紹介いたします。

★ 希望を持つには、ちょっと軽い方がいい ★

作品はこちら
------------------------------------------------------------
タイトル:『スプレンドール』
製作:イタリア・フランス/1989年
原題:Splendor 英語題:おそらく原題に同じ

監督:エットレ・スコーラ(Ettore Scola)
出演:マルチェロ・マストロヤンニ、マッシモ・トロイージ、
   マリナ・ヴラディ
-------------------------------------------------------------

■STORY&COMMENT
イタリアの小さな町の映画館「スプレンドール座」。かつて毎夜の大賑わいを
見せたこの映画館も、テレビやビデオの影響で客足が遠のき、閉館することに
なった。
父から映画館を引き継いだ館主のジョルダン、レビューダンサーだったがジョ
ルダンと恋をして客席係として働いたシャンタル、シャンタルに惹かれて通う
うち、映画にのめり込み映写技師となったルイジ。「スプレンドール座」の3
人が、改装工事の進むロビーで、数々の思い出をめぐらす。

フリッツ・ラングの『メトロポリス』、ベルイマンの『野いちご』、エルマン
ノ・オルミの『木靴の樹』、このメルマガで取り上げたことのあるものだと、
トリュフォーの『映画に愛をこめて アメリカの夜』、タチの『プレイタイム』
など、名画が次々と現れる。
映画と、それを上映する劇場が街の人々を結びつける核であった頃を懐かしみ、
惜しむ気持ちがじんわりと広がる。

だからといって、シネフィルのオタクごころをくすぐるマニア映画とは違う。
物語の中心は、スプレンドール座に関わる3人の愛や人生を語ること。その情
景の片隅には、その頃上映した思い出の作品がある、という形だ。

この「3人の思い出」の語り方が粋。時代順に並ぶでなく、ある1人をまとめ
て描くでなく、断片的な思い出を、時を行きつ戻りつしながら差し込んでいく。
だから、結局その後どうなったのか、今のこの状態はどんな経緯から連なるの
か、恋の顛末は結局どんなか、わからないところや、ぼーんやりとしたところ
もある。もちろん、複数のシーンから結びつけて推測できる事情もある。

そのかっちりしないところが、「昔をとりとめもなくいろいろ思い出す」こと
へのリアリティを生んでいて、そして、経営に行き詰まって閉館を余儀なくさ
れたけれど、また何とかしていけるよね、という希望のつまった「軽さ」も作
りだしている。
各々がかっちり人生を振り返っていたら、重すぎて前に進めないもの。

希望のつまった「軽さ」はラストに集約される。これを楽しむためには、ジョ
ルダンが復員してきたその足でフランク・キャプラの『素晴らしき哉、人生!』
を観るシーンを注意深く観ておくことをおすすめする。『素晴らしき哉、人生!』
を知っている人には、蛇足の注意となってしまうけれど。

■COLUMN
『映画館と観客の文化史』という本を読んでいたら、映画110年の歴史を見る
と、今考える「映画館で映画を観る」という形が、全然普遍のものじゃなく、
映画を観る形がとても多様であることがわかって面白かった。

今現在の映画館のシステムに絞って考えても、「途中からでもふらっと入れる
のが映画だ」と思う人もいるだろうし、「定員入れ替え制が常識でしょ」の人
もいるし、「いまどき座席は指定じゃなきゃやってらんない」という意見もあ
るだろう。世代・住んでいる地域によっては、シネコンのようにショッピング
施設などを併設していないと「映画を観に来たっぽくない」かもしれない。
映画のあり方とか観る環境って、時代により人により、いろいろなんだろう。

この作品を観ていると、野外にスクリーンを張って人々がわらわらと集まって
くる時代あり、観客が列をなして押し寄せていた頃、劇場がナンパ場だったと
きあり(これはお国柄かも?)、時代時代の映画館の表情を楽しめる。

ところで、このスプレンドール座、二階席に続く階段がエレガント、開閉式の
天窓がついていて、上映前には自然光が入り込む、屋根を閉めれば装飾が美し
い。
もう少しがんばって、「映画館」や「劇場」として残すことができたんじゃな
いかなあ、と観ていて惜しい気持ちになってしまった。
イタリアの往事の映画館は、どこもこんな豪華で美しい造りだったのか、その
あたりはよくわからないけれど、近所の映画館がこんな建物だったらワクワク
するだろうなあ。
ま、もちろん、この作品が「衰退した映画館」からはじまっていて、その滅び
にこそ物語としての美しさがあるんだから、それを言ったら、そもそもこの作
品が成立しないんだけれど、ね。
建物鑑賞も魅力の一つですよ。


※参考資料
『映画館と観客の文化史』加藤幹郎 (中公新書) ¥ 903(税込)
http://www.amazon.co.jp/dp/4121018540/ref=nosim/?tag=oushueiga-22

■INFORMATION
★DVD
スプレンドール (トールケース)
価格:¥ 1,999(定価:¥ 3,990)
http://www.amazon.co.jp/dp/B0001VQVTW/ref=nosim/?tag=oushueiga-22

★今日のメルマガ、気に入ったらクリックをお願いします。
http://clap.mag2.com/caemaeboup?189

★コメントをくれた方へお返事
じゅんこ 様
共感してくださって、うれしいです。
邦題のことは、いろいろ配給する人の都合もあると思うので、あんまりケチつ
けるようなことはしないように心がけていますが、なんだよー、と思うことも
多々ありますね。日本語だけ極端に原題から離れていること、なんで、そうな
るんだろう、て考え出すと、1本メルマガ書けちゃいそうです。


---------------

お便り待ってます!

編集・発行:あんどうちよ

リンクは自由ですが、転載には許可が必要です。
一部分を引用する場合には、連絡の必要はありませんが、
引用元を明記してください。

Copyright(C)2004-2008 Chiyo ANDO

---------------

タグ:イタリア
posted by chiyo at 13:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

No.188 ここに幸あり

================================================

欧 州 映 画 紀 行
              No.188   08.10.10配信
================================================

「ここじゃない何処か」に行ってしまいたい、あなたのための映画案内。
週末は、ビデオ鑑賞でヨーロッパに逃避旅行しませんか?
フランス映画を中心に、おすすめの欧州映画をご紹介いたします。

★ のんびりする技術? ★

作品はこちら
------------------------------------------------------------
タイトル:『ここに幸あり』
製作:フランス・イタリア・ロシア/2006年
原題:Jardins en automne 英語題:Gardens in Autumn

監督・脚本・出演:オタール・イオセリアーニ(Otar Iosseliani)
出演:セヴラン・ブランシェ、ミシェル・ピッコリ
-------------------------------------------------------------

■STORY&COMMENT
大臣のヴァンサンは、ある発言がきっかけで大規模デモが起こり、突然罷免さ
れてしまった。大臣から転がり落ちると、愛人も妻も冷たく、家まで追い出さ
れてしまう。
ヴァンサンは、母(妙にハマってミシェル・ピコリが演ずる!)や古い友人の
もとを訪ね、飲んだり歌ったり、お金や権力とは無縁でも、のんびり楽しい生
活に。

深刻な物語を観る気分じゃなく、難しいことも考えたくなかったので、脳天気
に庭がきれいそうな作品を選んだ。
なかには、イオセリアーニ作品で実に難しいことをあれこれ考える人もいるだ
ろうとは思うが、私にとっては、抑えた優しいギャグマンガのようなイメージ
だ。

動物がしゃべったり、ほうきが飛んだり、そんなことに匹敵するほどに、あり
得ない空想の世界で起きる、のんびりとした物語。ただしこの世界では、物理
的に不思議なことは起きない。

考えてもみてよ。普通は、転落人生で落ち込んでいたら、昔の友達なんて、い
ちばん会いたくない人のハズ。でも、そんなことは気にせずヴァンサンは、す
るりと何の抵抗もなく、旧交を温める。
古い友人というのも、路上に絵を描くアーティスト(監督が演ずる)や、酒好
きの司祭やら、変な人が続々と登場する。妻にも愛人にも愛想を尽かされたと
落ち込んでいたけれど、不思議と言い寄ってくる女友達がいて、振り回されな
がらも楽しい恋愛がヴァンサンを囲む。

前作の『月曜日に乾杯!』ほどに奇人変人は出てこないけれど、ケンカがあっ
ても深刻な事態には陥らない、家がなくても何とかなる、飲んで歌えば笑顔が
弾ける……じゅうぶんに絶対にあり得ないフィクション世界だ。
そのなかで、微妙に抑えたギャグやユーモアシーンがドーンと出たり、隠すよ
うに画面の隅に置かれていたり。

細かい笑いには、気づいたって気づかなくたっていい。笑っても笑わなくても
いい。観た後、どこかのシーンを強烈に思い出して画面を頭に巡らせても、すっ
かり全部忘れても、どっちでもいい。

歌って、食べて、笑って、それができてれば、細かいことはどちらでもいいん
だな。
何かから解放されて、自由をつかんだ気になれる。大らかな優しいギャグマン
ガ的映画は、空は高く、草木が風にそよいで、気持ちよさそうだった。

たぶん、退屈でしかたないって人もいるでしょうから、観客は選ぶ。と思う。
忠告はしましたよ。

■COLUMN
私は、のんびりした威圧感のない人、と人から思われるらしい。私の勘違いか
もしれないけれど、たぶん、いい意味でそう思ってくれる人は多いと思う。
だけど、私は実は、のんびりしているんじゃなくて、のろのろしているのだ。
だから、のんびり優雅に構えているように見えるのはうれしいけれど、本当は、
「人から遅れちゃならん」「急がなくっちゃ」「ぐずぐずしてちゃだめっ」と、
水中で足をばたつかせる水鳥のごとく、心中はしっちゃかめっちゃか、常に焦っ
ている。

なんてこと、前に書いたっけ。どうだろう。

のんびりしたいな、という思いはいつもある。
しかし、のんびりしてたらイカンだろと、いつも叱咤もしている。
だから、私は「のんびりする」ことが極めて下手だ。
で、そのことは、ちょっとだけコンプレックスである。

気持ちの良い青空に、絵を描き歌い、杯を交わし、のんびり人生を謳歌する人
たちを観ていると、楽しさがこちらにまでうつってくる、反面、「ああ私には
こんなことは天地がひっくり返っても無理。宝くじで高額当選しても、きっと
無理」と、我が身を振り返って情けなくなったりもする。

我が身を振り返る気持ちがマイナスにふれれば、なんだか妬ましい気持ちにさ
えなって、あ、いかんぞ、器が小さいっと反省する。

お気楽で難しいことを考えなさそうだから選んだつもりだったのに。結局ごちゃ
ごちゃと、難しく考える。
これは映画のせいじゃない。紛れもなく己の責任。
ちょこまかした小市民的性格は困ったね。でも、きっとこういうケチなところ
に共感してくれる人がきっといるさ、と甘えて考えてもみる、そこがいちばん
器が小さいかな。

■INFORMATION
★DVD
ここに幸あり
価格:¥ 3,296(定価:¥ 3,990)
http://www.amazon.co.jp/dp/B001BKVW2I/ref=nosim/?tag=oushueiga-22

★今日のメルマガ、気に入ったらクリックをお願いします。
http://clap.mag2.com/caemaeboup

★コメントをくれた方へお返事
えぬ・えむ 様
作品セレクトの参考にしていただけたなら何よりです。
これからもどうぞよろしくお願いします。

---------------

お便り待ってます!


編集・発行:あんどうちよ

リンクは自由ですが、転載には許可が必要です。
一部分を引用する場合には、連絡の必要はありませんが、
引用元を明記してください。

Copyright(C)2004-2008 Chiyo ANDO

---------------
タグ:フランス
posted by chiyo at 22:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

No.187 地上5センチの恋心

================================================

欧 州 映 画 紀 行
              No.187   08.10.03配信
================================================

「ここじゃない何処か」に行ってしまいたい、あなたのための映画案内。
週末は、ビデオ鑑賞でヨーロッパに逃避旅行しませんか?
フランス映画を中心に、おすすめの欧州映画をご紹介いたします。

★ ハッピーなんて、そもそも無根拠かもしれないしね ★

作品はこちら
------------------------------------------------------------
タイトル:『地上5センチの恋心』<
製作:フランス・ベルギー/2006年
原題:Odette Toulemonde 英語題:不明

監督・脚本:エリック=エマニュエル・シュミット(Eric-Emmanuel Schmitt)
出演:カトリーヌ・フロ、アルベール・デュポンテル、ジャック・ウェベール、
   ファブリス・ミュルジア、アラン・ドゥテー、カミーユ・ジャピ
-------------------------------------------------------------

■STORY&COMMENT
ベルギーの小さな町のデパートで、化粧品の売り子をするオデットは、フラン
ス人作家バルタザール・バルザンの大ファン。何日も前から楽しみにしていた
サイン会に出かけるが、緊張のあまり自分の名前さえ伝えられなかった。周り
にも励まされ、ファンレターを書いてみると……
妻の裏切りに絶望し、仕事ではスランプに陥っていた作家は、その手紙に感動
し、オデット宅までやってきて、奇妙な共同生活が始まる。

最初にプロットを聞いたときは、とっても期待したのだけれど、実際に観たら、
正直なところ、それほどでもなかった。
しかし。
展開がなんだか強引だし、人物描写もいま一つていねいさに欠ける気がするの
だけれど、でも、その強引さに押し切られて、否応なく最後にホロリとさせら
れてしまうのも確か。
期待していないところで妙に笑わせてくれて、(ノーベル賞の仕組みがわかっ
ていないオデットの勘違いなんて、私は好きだ)ミュージカル仕立てよろしく
オデットが好きなジョセフィン・べイカーの歌に合わせて踊るシーンも、これ
もまた何だか強引だけれど、それが憎めなくて。
だから、期待のしかたがちょっと違ってたってところだろうか。

夫に先立たれて、二人の子どもを育てたオデット。貧しいながらも明るく、小
さな事に喜びを見つけて(ジョセフィン・ベイカーで歌って踊ったり)、暮ら
している。優しいゲイの息子はよしとしても、働かないでフラフラしている娘
とその恋人(やはりプー)には、困っているけれど、あまり深刻にならずに毎
日が過ぎる。
教養はないけれど、ある種の気品を保っていて、前向きでコミカルな雰囲気を、
カトリーヌ・フロが好演した。彼女じゃなければ、もうちょっと品がなくなる
か、もうちょっと深刻さが前に出るか、コミカルさが大げさすぎるか、してバ
ランスを崩したんじゃないか。

脚本の緻密さとか、心理描写の綾とか、そういうものを期待しない方がいいけ
れど、その場その場で立ち上る感情に軽く乗り込んで観ていると、なんだか最
後は無根拠にハッピーになれる。そんな映画です。お疲れのときにおすすめ。


■COLUMN
オデット・トゥルモンド。「トゥルモンド」は「皆」を連想させる、名前から
して「どうしようもなく平凡」な運命を背負わされている。※

辛口批評家は、夕日のポスターや、人形集めを好む平凡な女性が読む通俗的で
くだらない小説だと、バルタザールの作品をけなす。
で、まあ見事、オデットは海辺の夕日のポスターを部屋に張り、ちまちまとし
た人形を集めるオバサンだ。

作家を魅了する美しいファンレターに彼女は、「あなたの小説は、とるにたら
ない、つまらない人の人生に光を当ててくれた」と書いた。
だから、バルタザールの作品は批評家になんと言われようが、その通俗性にこ
そ価値があるのだろうけれど、バルタザール本人には、ソフィストケイトされ
ていないオバサンばかりがサイン会にやってくることは、かねてからのコンプ
レックス、もっと違うファン層が欲しかったのだ。

作家というのは、勝手なもの。バルタザールの性格でもあるだろうけれど、モ
ノを発信する人間というのは、きっと多かれ少なかれ、そんなものだ。
作品を受け止めて欲しい、と切に願い、受け入れられたら、自分の気に入るよ
うに理解されたい、評されたいと思うわがままさん。

でも、考えてみれば、受け止める側だって実は勝手なもの。この作品で、オデッ
トの平凡さ、庶民の悲しさに、私は大いに自分を重ね合わせて感情移入し、ほ
ろほろと涙を流したりしたけれど、別の映画ではちゃっかり激動のヒロインに
自分を見ていたりするだろう。
はたまた平凡に生きられない天才肌のアーティストなんかにも、「ああ、わか
るー、感じ方がそっくりだもん」なんて図々しく天才と融合してみせる。

俳優はいくつもの人生を生きられると言うけれど、映画を観る方だって、自在
にいくつもの人生に乗っかれるのだ。
境遇も性格も職業も、全部違っていても、観客は貪欲に自分を重ね合わせられ
る。(もちろん全然共感できない登場人物というのもいるけれど)
全然違っていても、ちょっとでも一致するところをするりと見つけ、ほんの少
しでも似たところを敏感に発見して、物語の世界に入り込める。

それを思えば、人生なんて、紙一重のところで違っているだけなのかもね、と
達観してみたくなる私であった。

※注
姓 TOULEMONDE は、実在の名字らしい。この映画の舞台はベルギーだが、フラ
ンスでは2600人あまりの人が持っている名字だそうだ。よくある名字ランキン
グでは2474位。
参考:http://www.linternaute.com/femmes/nom-de-famille/

■INFORMATION
DVD
地上5センチの恋心
価格:¥ 3,089(定価:¥ 3,990)
http://www.amazon.co.jp/dp/B001BXTR90/ref=nosim/?tag=oushueiga-22


---------------

お便り待ってます!

編集・発行:あんどうちよ

リンクは自由ですが、転載には許可が必要です。
一部分を引用する場合には、連絡の必要はありませんが、
引用元を明記してください。

Copyright(C)2004-2008 Chiyo ANDO

---------------
posted by chiyo at 22:55| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 映画メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

No.168 やわらかい手

================================================

欧 州 映 画 紀 行
              No.186   08.09.25配信
================================================

2週間休むつもりが、気づけば3週間休んでしまいました。
ちょっとバタバタしていますが、また週1ペースで配信していく予定です。
よろしくお願いします。

「ここじゃない何処か」に行ってしまいたい、あなたのための映画案内。
週末は、ビデオ鑑賞でヨーロッパに逃避旅行しませんか?
フランス映画を中心に、おすすめの欧州映画をご紹介いたします。

★ 愛する誰かのために ★

作品はこちら
------------------------------------------------------------
タイトル:『やわらかい手』
製作:ベルギー・ルクセンブルグ・イギリス・ドイツ・フランス/2007年
原題:Irina Palm 

監督:サム・ガルバルスキ(Sam Garbarski)
出演:マリアンヌ・フェイスフル、ミキ・マノイロヴィッチ、
   ケヴィン・ビショップ、シヴォーン・ヒューレット
-------------------------------------------------------------

■STORY&COMMENT
ロンドン郊外の小さな町で、夫に先立たれ質素に暮らすマギー。いたって平凡
な生活だけれど、彼女の最愛の孫オリーは、難病で入院していた。ある日、オ
リーが、6週間以内にオーストラリアで最新の手術を受けなければ助からない
と宣告されてしまう。

息子夫婦はすでに治療費のために、借金を重ねている。家はすでに手放した。
マギーは自分が何とかしなければと奔走するが、家がなければ借金はできず、
資格も経験もない初老の女に仕事はない。絶望するなか、ふと目に入った「ホ
ステス募集」の張り紙を見て訪ねると、そこはセックスショップ。募集されて
いたのは、壁の穴ごしに、手で男をイカせる仕事だった。一度は怯むも、孫の
ため、勇気を振り絞って仕事をはじめるマギーだが……

いい年のおばさんが、金の工面のためセックス産業に飛び込む、てところだけ
聞くと、チープで下品なB級映画を想像するかもしれない。私が借りた
TSUTAYAでも、おバカコメディに挟まれてひっそり置かれていた。でも、それ
はまーったくの誤解。TSUTAYA荻窪駅前店さん、ちゃんとしてよね。

きゅっと胸が苦しくなって、観終わると、じんわーと暖かい気持ちになって、
人生って、すごくぶ厚いんだなーと、思わせてくれる。ラストのショットは、
いつまでも頭に残ってて、何でもないときにふとフラッシュバックしてくるな
あ。
だからって、センチメンタルに寄りすぎず、割り切った乾いたテイストも散り
ばめて、バランス良い、人間ドラマ。

源氏名イリーナ・パームとして活躍するマギーの「ブース」には行列ができて、
競合店からスカウトまでやってきてしまう、ちょっと大げさな設定はコミカル
に微笑ましい。
かと思うと入院する孫にお土産を買っていったら、息子の妻に冷たく「困りま
す」と言われる、妙に等身大のリアルさもある。

さびしくて、うまく行かないことがたくさんあって、それでも何とかいいこと
もあって生きている、ちっぽけな人に注がれる眼差しの、暖かい映画だと思う。

憧れのイリーナとして必死に稼いだお金を息子に渡すも、彼は真相を知って並
なみならないショックを受ける(普通に考えてそりゃそうだわな)。こんな金
は受け取れない、オリーにも二度と会うなと、激昂してしまう。

さて、イリーナとオリーと、息子夫婦の行く末は。観てのお楽しみ。
ああ、そっち方面にいくのか、と私はちょっと意外な感じを楽しみましたよ。

■COLUMN
私を知ってる人なら誰でも知っているが、私は、ちょっとしたことですぐに、
精神的に一杯一杯になって、パンクする。
幸いなのは、わりとしょっちゅうパンクするから、「強靱な人がついに心が折
れてしまった」なんて場合にくらべて、すぐに回復するってことだけれど。

たぶん、まだパンクはしていないと思う。
でも、あ、もう摩耗してパンク寸前かも、あ、実は今まさに空気がどんどん抜
けているかも。てな状態を、ここしばらく続けている私だ。

で、そうして一杯一杯になっているがために、ふだんはそうした現金な観方を
バカにしているくせに、うっかり会うもの触れるもの、手当たり次第に教訓や
らアドバイスやらを吸いとりたくなる今日この頃の私である。

短くいこう。
そんな状態の私がこの映画から吸いとった、私がラクになるための教訓。
それは、「もう頑張れなさそうだと思ったら、自分のためより、誰か大切な人
のためにやってみる」。

この教訓、なかなか効きそうだ。

■DVD INFORMATION
やわらかい手 スペシャル・エディション
価格:¥ 3,152(定価:¥ 3,990)
http://www.amazon.co.jp/dp/B001AX11NQ/ref=nosim/?tag=oushueiga-22

---------------

お便り待ってます!

編集・発行:あんどうちよ

リンクは自由ですが、転載には許可が必要です。
一部分を引用する場合には、連絡の必要はありませんが、
引用元を明記してください。

Copyright(C)2004-2008 Chiyo ANDO

---------------

タグ:イギリス
posted by chiyo at 23:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

No.185 かつて、ノルマンディーで

================================================

欧 州 映 画 紀 行
                 No.185   08.08.28配信
================================================

「ここじゃない何処か」に行ってしまいたい、あなたのための映画案内。
週末は、ビデオ鑑賞でヨーロッパに逃避旅行しませんか?
フランス映画を中心に、おすすめの欧州映画をご紹介いたします。

★ 明日になったら、過去をもう一度見直してみようか。 ★

作品はこちら
------------------------------------------------------------
タイトル:『かつて、ノルマンディーで』
製作:フランス/2007年
原題:Retour en Normandie 英語題:Back to Normandy

監督:ニコラ・フィリベール(Nicolas Philibert)
-------------------------------------------------------------

■STORY&COMMENT
巨大美術館に働く人々にスポットをあてた『パリ・ルーヴル美術館の秘密』、
ろう者の日常を淡々と描いた『音のない世界』などで知られるニコラ・フィリ
ベール監督のドキュメンタリー。

上記のかつてこのメルマガで取り上げた作品と比べると、異質な感じのする作
品だ。ルーヴルのドキュメントは、あの巨大美術館でどんな人がどう働いてい
るんだろう、と自然に興味をそそられる。ろうの人たちにしてもそうだ。この
メルマガでは取り上げていないけれど、ヒット作『ぼくの好きな先生』は、田
舎の小さな小学校が題材。全部の学年が同じ教室で学ぶ学校って、どんなだろ
う、と(好みはあれど)多くの人の興味をひくテーマだ。

だが、この作品は、恐らく監督のごく個人的な興味から出発していて、映し出
す対象が何なのか、テーマが何なのか、わかりにくい。
このドキュメンタリーに出てくるのは、30年前に撮られた『私、ピエール・リ
ヴィエールは母と妹と弟を殺害した』という映画の出演者たち。19世紀にこの
ノルマンディーで起こった実際の事件を題材にした映画で、俳優はプロを使わ
ず、地元の人々を起用したのだ。助監督として参加した若きフィリベールは、
キャスティングを担当していた。
30年ぶりにこの小さな村に出向き、かつて一緒に映画を作った人たちに会う。
彼らへのインタビューがメインで、その発端となった『私、ピエール・リヴィ
エール……』を間に入れ込みながら、映画は進む。

おわかりだと思うけれど、私はテーマがわかりにくいから、つまらん、と言っ
てるのではない。
当時のことを楽しく振り返る人もいれば、映画の話なんかしない人もいる。撮
影が終わって何年かした頃に起きた個人的なことを話す人もいる。30年前にあ
る映画に関わった、という点ではつながっているけれど、そこ以外に明確なつ
ながりが感じられないインタビュー群。それがなぜだか目が離せない。
途中、どこにどうやってオチをつけてテーマを落ち着かせるんだろう、とある
意味ハラハラしながら観ていたけれど、終盤になったら、そういうことどうで
もよくなった。
無名の人で、特別の職業に就いている訳でも、その人の経歴が特別なのでもな
いけれど、その人の話を聞きたいと、思う。自分でも理由を説明しがたい興味
が湧いてくるのだ。

「どこにオチを」という心配は、おそらく作り手の懸念でもあったのだろう。
主役を演じた青年だけが、この土地を離れてしまっていて消息不明。死んだと
も、カナダに移住したとも、いろんな噂がある。なかなか再会できない、とい
う「サスペンス」を用意して、アクセントにしている。
きっと、このドキュメンタリーをとるにあたって、彼を本気で捜したのはホン
トだけれど、彼の居所や今の生活が明らかになっていく過程は、映画の組み立
てに合わせたもので、この話の時間の順序やタイミングについては、少しばか
りフィクションを入れたんじゃないかと私はにらんでいる。

結局、この「サスペンス」の差し込み方はうまい。最後に登場する彼の様子は、
想像と少しギャップがあって意表をつかれ、皆との再会シーンは、きゅっとま
とまる高揚感をプレゼントしてくれる。
何か問題が起きていた訳でもないのに、「おお、よかったなあ」と緊張の後の
ハッピーエンドのように、ラストにほっとしてしまった。

■COLUMN
主人公の妹役を演じたと語る、当時高校生だったアニックという女性は、撮影
のことを本当に楽しそうに回想する。
彼女は現在は知的障害を持つ人の施設で働く普通のおばさんだ。
もちろん、30年前に映画に出てから、その後、映画や演劇に関わることはして
いない(そうは言っていなかったけれど、たぶん何もしていないと思う)。
その彼女が、重要な役柄に抜擢されたことを「チャンスをつかんだ」「このチャ
ンスを逃したくないと思った」と振り返る。

監督やスタッフが、パリに出ようとか女優になろうとか、思わないように、と
心配したらしいから、10代の彼女にはちょっとその気になる気配があったのか
もしれないが。でも、彼女が今言う「チャンス」とは女優になるチャンスとか、
成功に近づくチャンスとか、そういう意味ではないようだ。

自分の幅が広がるチャンス、いろいろな人を眺めるチャンス、人生を考えるチャ
ンス、そうした内的な満足や成長を得る機会としてのチャンスらしい。

私が何かの体験についてそういう説明をつけるとき、職業上何か輝かしいこと
を成し遂げる、お金をたくさん稼げる、人から評価される、など、外から見て
もわかりやすい「成功」につながったものにこそ、「逃したくないチャンスだっ
た」と言うだろう。

私だってもちろん、内的な何かを軽視しているつもりは全然ないけれど、人生
においてそれは「脇」のこと、と思いこんでいたように思う。私はそんな風に
しか捉えたことがなかったから、アニックの考え方は新鮮で、ずいぶん深く広
い気がした。
考えてみたら確かに、機会やチャンスは、客観的に評価されるような事柄だけ
に訪れる訳じゃない。楽しいと思える思い出が一つできて、新しい世界をのぞ
くことができて、いろいろ考えることができて。自分がそれを喜んでいるのな
ら、それはある種の「成功」で、それをもたらす可能性のあることは「チャン
ス」だ。

内的な経験を、アニックのように素直に喜び、人生の重大事と思わないでいる
と、いつしかそういう経験をすることへの感受性をつぶしているのかもしれな
いと、ちょっと怖くなった。
すぐに、そんな自分史の語り方はできないけれど、機会改め、かつての経験や
ら岐路やら出来事やら、捉え直してみようかと思っている。

■INFORMATION
・DVD
かつて、ノルマンディーで
価格:¥ 4,632(定価:¥ 5,040)
http://www.amazon.co.jp/dp/B0019SO1AW/ref=nosim/?tag=oushueiga-22

・涼しさがやってきたところで、夏休みをとることにしました。
来週、再来週はお休みします。
再開は9月18日(木)の予定です。

---------------

感想やリクエスト、苦い夏の思い出など、どうぞお寄せください。

編集・発行:あんどうちよ

リンクは自由ですが、転載には許可が必要です。
一部分を引用する場合には、連絡の必要はありませんが、
引用元を明記してください。

Copyright(C)2004-2008 Chiyo ANDO

---------------


posted by chiyo at 00:56| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

No.184 君の涙ドナウに流れ ハンガリー1956

================================================

欧 州 映 画 紀 行
              No.184   08.08.21配信
================================================

「ここじゃない何処か」に行ってしまいたい、あなたのための映画案内。
週末は、ビデオ鑑賞でヨーロッパに逃避旅行しませんか?
フランス映画を中心に、おすすめの欧州映画をご紹介いたします。

★ 拝啓、「自由の国」より ★

作品はこちら
------------------------------------------------------------
タイトル:『君の涙ドナウに流れ ハンガリー1956』
製作:ハンガリー/2006年
原題:Szabadság, szerelem 英語題:Children of Glory

監督:クリスティナ・ゴダ(Krisztina Goda)
出演:イヴァーン・フェニェー、カタ・ドボー、シャーンドル・チャーニ、
   カーロイ・ゲステシ、イルディコー・バンシャーギ、
-------------------------------------------------------------

■STORY&COMMENT
1956年のハンガリー動乱と、数週間後のメルボルンオリンピックでのハンガリー
水球チームの活躍を背景に描く人間ドラマ。

1956年、共産党独裁政権とソ連支配に反発し、自由を求める革命運動がブダペ
ストでは盛り上がっていた。学生運動の女性闘士ヴィキに、水球の花形選手カ
ルチは心を奪われた。
家族と友情を大切にして水泳に専念し、政治とは距離を置いていたかったカル
チだが、ヴィキとともに秘密警察AVOが市民を殺害する現場を目撃し、革命に
参加しようと考える。しかしそれは、オリンピック出場を控えたチームを捨て
ることでもある。ヴィキへの愛、祖国への愛と、水球選手としての誇りの間で
揺れるカルチだが。

エンドクレジット、多くの血を流して自由を獲得したことを悲しみ、そして讃
える詩が流れ、その中のワンフレーズに「自由の国に生まれた者には理解も及
ぶまい」とある。
映画を観て、ちっとも知らなかったハンガリーの歴史を知り、自由を求める人
の勇気に感心していたところ、軽いショックだった。そうか、私は感動してい
ろいろ見知った気になっていたけれど、まだまだ甘いか。その通りかもな。

政治にいくら興味がないと思っても、政治の動乱は時に否応なく人の普通の生
活を壊し、戦いたくなんかなくても武器を手に取らなきゃいけない時がくる。
幸いなことに自由の国に生まれた私は、そんな目にあったことはない。今後も
そうならないことを願っている。
ヴィキは、勇敢な革命の闘士がすっかり板についているように見えるけれど、
自由のある社会に生まれ暮らしたなら、彼女はそんな面は一度も見せずに違う
人生を歩んだろう。だから、カルチの前にいるとき、「普通の」女性の顔がの
ぞくときがとても辛い。

ヴィキのように最前線で戦う人も、戦わずともラジオにかじりついて故国を思っ
た人も、カルチの母のように、国の動向よりも息子のつつがない成功を祈る人
も、スポーツ選手として今できることに集中する人も、皆それぞれに、精一杯
に誠実に生きている。
誰が正解でもない、どの誰の言い分にも一定の正しさがある。

1956年のハンガリーは、経緯に諸説あり、人によって受け取り方も様々なのだ
そうだ。多くの人にとってまだ「新しい」記憶でもあり、とてもデリケートな
テーマであるらしい。
この映画は、そのデリケートなテーマに解釈を与えているのではない。
生活がこわされ、大切なものがつぎつぎに失われてゆく状況に置かれた人々の、
その一人ひとりの悲しく力強い思いを、この作品は、ただひたすら、ていねい
に描く。

なるほど、自由の国に生まれた私には、自由のとてつもない尊さも、そのため
に戦った人たちの思いも、ついに真には理解しないかもしれない。しかし、こ
の映画は、時を超え国境を越え文化を超え、自分の大切なものを奪われまいと
戦い、耐え、祈る人々の心を、強く伝えている。そこから何かをくみ取ること
ができるのは、世界にとっても個人にとっても、きっと大きな一歩なのだ。

街の記憶に忠実にブダペスト中でロケが行われた。デモ隊が練り歩いて渡る橋、
人々が集まる広場、そこに本物の風景があることが、よりいっそうの説得力を
持っていた。

■COLUMN
この作品の軸となるもう一つの史実、メルボルンオリンピックでの水球準決勝
ハンガリー対ソ連の流血事件。
ソ連の支配下にあった共産圏の国々では、もともとソ連に対する反感が強い。
映画の中、オリンピック前での試合シーンがあり、露骨なソ連びいきの審判と
もめ(これが事実なのかは知らないが、似たようなことはあったのだろう)、
試合後カルチはソ連に刃向かうなとネチネチと秘密警察に脅されている。

オリンピックではそんな因縁の戦いが、当事国だけの因縁ではなくなる。ハン
ガリー動乱はその映像が世界に配信され、動乱を鎮めるためにハンガリーに侵
攻したソ連が世界的な非難を浴びていたからだ。会場はハンガリーびいき、イ
ライラしたソ連の選手がハンガリーの選手を殴り、殴られた選手は顔を負傷し
流血、選手・観客ともヒートアップ。試合は残り1分を残して中止となり、4
対0でハンガリーの勝利が決まった。これが、この作品が素材とするオリンピッ
クの流血事件だ。

祖国がめちゃめちゃに破壊される状況下、戦い勝利したハンガリー選手が素晴
らしいことはもちろんだが、政治の対立をスポーツの場に持ち込まれ、観客を
皆敵にまわさざるを得なかったソ連の選手も、一種、被害者であると思う。
北京オリンピックでも、ロシアの選手とグルジアの選手がお互いの健闘を称え
合うところが報道されていた。その様子はそれ自体、政治とは別にあるスポー
ツの美しさを表しているけれど、そもそも、対立する二国の対戦として注目さ
れるようなことがなくてもよかったのだ。

水球というスポーツは、あんまり見たことがないのだけれど、この映画で見て
みたくなった。水の中の格闘があんなに激しいとは、面白いやら恐ろしいやら。
水球シーンの撮影には工夫をこらし、リアリティを出すため、選手役にはシド
ニー、アテネで金メダルをとった本物の代表選手を起用しているそうだ。きっ
と水球ファンが見ても、違和感なく物語に入り込めたんじゃないだろうか。

北京オリンピックでも、ディフェンディングチャンピオン・ハンガリーチーム
はメダル争いに残っている。22日には準決勝でモンテネグロと戦う。この映画
を観ると水球もますます面白く観られそう……とはいうものの水球の試合って
放送するかなー。一度落ち着いて観戦してみたい競技である。

■DVD INFORMATION
君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956 デラックス版
価格:¥ 3,197(定価:¥ 3,990)
http://www.amazon.co.jp/dp/B0017UE0PS/ref=nosim/?tag=oushueiga-22


---------------

感想やリクエスト、最近身にしみた人生訓など、どうぞお寄せください。


編集・発行:あんどうちよ

リンクは自由ですが、転載には許可が必要です。
一部分を引用する場合には、連絡の必要はありませんが、
引用元を明記してください。

Copyright(C)2004-2008 Chiyo ANDO

---------------

タグ:東欧
posted by chiyo at 23:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

No.183 この道は母へとつづく

================================================

欧 州 映 画 紀 行
              No.183   08.08.14配信
================================================

「ここじゃない何処か」に行ってしまいたい、あなたのための映画案内。
週末は、ビデオ鑑賞でヨーロッパに逃避旅行しませんか?
フランス映画を中心に、おすすめの欧州映画をご紹介いたします。

★ 健気な姿にハラハラして応援して…… ★

作品はこちら
------------------------------------------------------------
タイトル:『この道は母へとつづく』
製作:ロシア/2005年
原題:Italianetz 英語題:The Italian

監督:アンドレイ・クラフチューク(Andrei Kravchuk)
出演:コーリャ・スピリドノフ、マリヤ・クズネツォーワ、
   ダーリヤ・レスニコーワ、ユーリイ・イツコーフ、ニコライ・レウトフ
-------------------------------------------------------------

■STORY&COMMENT
ロシアはフィンランド国境近く。寒々とした景色の中に建つ孤児院に、イタリ
ア人夫婦が養子にする子どもを探しにやってきた。6歳のワーニャが選ばれ、
本人も周りも喜んでいたのだが、かつて同じようにもらわれていった友達の実
の母が孤児院に現れたから大変。ワーニャは自分がもらわれていった後にママ
が探しにくるのでは、と思いつめ、孤児院を逃げ出して母を探しに行く。

自由主義経済が急速に進んで、貧しい人とそうでない人の差が激しくなってか
らのことなのか、よくわからないが、ロシアには映画に出てくるような孤児が
多いのだそうだ。

孤児たちの大半は貧しいままに貧しい大人に育ち、孤児院の一角には、もう孤
「児」じゃないが、住むところもないから、こそ泥やら、小さな小遣い稼ぎや
ら、売春やらで稼ぎながら、そこに居続ける青年部のような一団がいて、子ど
もたちのボス然としている。

幼い頃に、裕福とまでいかなくともある程度普通に生活できる家庭に引き取ら
れない限り、ワーニャも仲間たちも、彼らに待ち受ける将来は、ボス然とする
彼らと重なる。

だから、ママを探したくなってしまったワーニャを、皆は必死に説得するわけ
だ。養子縁組の斡旋業者や孤児院の院長は、手数料が入ることをアテにしてい
るから、自分の懐の都合もあるわけだが、それにしても誰が見たって、ママを
探すより、イタリア人夫婦に選ばれた幸運に身を任せる方がいい。

かくして、ワーニャは、ママを探しに行こうと一人奮闘する。探しに行くアテ
を見つけるために、まず、自分の書類を盗み見ないといけない。そしてそのた
めには、まず、字を覚えなくちゃならない。

字を覚えるのも、書類を見るのも、そして孤児院を抜け出すのはもちろん、す
べてこっそり隠れながら。
少しややこしい社会背景はあるけれど、この映画の肝は基本的に、見つからな
いように、追っ手につかまらないように、ママ探しをするワーニャの冒険を、
ハラハラしながら見守ることにある。

はじめての列車に乗り、斡旋業者は目の色変えて追いかけてきて、見知らぬ土
地でからまれ、でも驚異の勇気でワーニャは行く。見つかっちゃうぞ、とドキ
ドキ。うまく切り抜けたことに心のなかで拍手。夏休みの男の子の冒険物語に
もなぞらえることができるだろう。

ワーニャの逃避行に声援を送りながら、うまく追っ手を巻いたことにほっとし
ながら、私はどこかひっかかる。こうしてワーニャの旅を応援しているけれど
さ、この子のそばにいたら、優しいイタリア人の家に行った方がいいって、きっ
と言うよね。いい家庭に引き取られるのが幸せだって、言うよなあ。ママ探し
なんて、勧められないよね。

欺瞞に満ちた応援をしてしまっているんじゃないかとチクチク悩む私を前に、
物語は終盤へと向かう。
悩むと同時に、どう「落とす」んだろうとも少し心配だったが、そう来たか。
すっきりしたような、ずっとチクチクとしていた悩みに、終わってもまだつい
て来られるような、一種、挑戦的なラストだった。

■COLUMN
ひとつ、どうしてもわからなかったのが、養子をとる事情だ。
「マダム」と呼ばれる斡旋業者は、ホテルで贅沢にルームサービスを頼み、部
下をあごでこき使い、人身売買でうまいこと儲けている俗物として描かれてい
る。とにかく、子どもが欲しいと思う人に、孤児院から子どもを引き渡すのが、
儲かるらしいんだ。

養子を迎えるのは、そんなにお金がかかるものなのか。何もこの強欲そうなオ
バサンに大金を払わないでも、公的機関に申請する方が、いいんじゃないだろ
うか……、うーん、それだと順番待ちで待ってられないのかな。それとも寄付
の精神とか。マドンナみたいに。
大金を払って子どもを「選ぶ」のなら、普通、赤ん坊のうちに引き取りたいと
思うものなんじゃないだろうか、なんてことも思う。

孤児院の子どもたちの間では、子どもを引き取る人には悪い人もいて、引き取っ
た子どもの臓器を売るんだ、なんて噂も生まれている。
外国からやってきて、子ども一人に大金を払って、となれば、そんな噂になる
のもわかる気がする。

おそらく、裕福な外国人が社会奉仕として、養子縁組をすると同時に子どもが
いた孤児院をサポートする。「マダム」みたいなブローカーが、そういう精神
につけこんで儲ける、てことだろう、と思っているのだけれど、どんなもんだ
ろう。

もちろん私が知らないだけで、いくらでも例はあるのだろうけれど、ヨーロッ
パに比べると、日本では養子をとって育てることが少ない。特に、外国の孤児
を引き取ることも多くはない。だから、状況をぱっと見て、背景の事情を理解
できないんだろうなー、と少しばかりモヤモヤした。

■INFORMATION
★DVD
この道は母へとつづく
価格:¥ 4,935(定価:¥ 4,935)
http://www.amazon.co.jp/dp/B0019546LY/ref=nosim/?tag=oushueiga-22

★次号予告
なんてこともしたことがないので、たまには。
冬に劇場で観た『君の涙ドナウに流れ ハンガリー1956』という作品が、
・オリンピック
・ロシア(当時ソ連)との争い
など、昨今の世相に妙にマッチした作品でした。
もうDVDが出ているようなので、観直してこちらを取り上げようと思います。
レンタル中でないといいなあ。

---------------

感想やリクエスト、好きな雲のカタチなど、どうぞお寄せください。

編集・発行:あんどうちよ

リンクは自由ですが、転載には許可が必要です。
一部分を引用する場合には、連絡の必要はありませんが、
引用元を明記してください。

Copyright(C)2004-2008 Chiyo ANDO

---------------
タグ:ロシア
posted by chiyo at 21:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

No.182 サラエボの花

================================================

欧 州 映 画 紀 行
                 No.182   08.08.08配信
================================================

「ここじゃない何処か」に行ってしまいたい、あなたのための映画案内。
週末は、ビデオ鑑賞でヨーロッパに逃避旅行しませんか?
フランス映画を中心に、おすすめの欧州映画をご紹介いたします。

★ どこにでもある風景、どこにもない風景 ★

作品はこちら
------------------------------------------------------------
タイトル:『サラエボの花』
製作:ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、オーストリア、ドイツ、クロアチア
/2006年
原題:Grbavica 英語題:Grbavica: The Land of My Dreams

監督・脚本:ヤスミラ・ジュバニッチ(Jasmila Zbanic)
出演:ミリャナ・カラノヴィッチ、ルナ・ミヨヴィッチ、レオン・ルチェフ、
   ケナン・チャティチ
-------------------------------------------------------------

■STORY&COMMENT
エスマはシングルマザー。12歳になる娘サラとサラエボで暮らしている。生活
は厳しく、仕立ての注文を受けたり、子持ちであることを隠してバーで働いた
りしている。
そんなエスマにはサラに秘密にしていることがある。父はシャヒード(内戦で
戦って死んだ「殉教者」)だと教えていたが、本当は敵兵によるレイプで妊娠
したのだった。
ボスニア・ヘルツェゴビナの内戦は92年から95年まで続いた。今も人々の心に
深く残っている傷をめぐる、静かでしっとり胸に迫る作品。

隣人同士が憎しみ合い殺し合う、悲惨な内戦から10年以上。その悲しみをまだ
残している土地と人の物語だ。戦争に関連して出生の秘密に疑いの目を向ける
娘が、事実を受け入れるまでをフォーカスをあてるドラマかと、何となく想像
していたのだが、鑑賞前の予想に反して、「戦争の悲劇」の特別さが前面に出
ない作品だった。

スクリーンの中の母娘の生活はどこにでもありふれた母子家庭に見える。
サラが楽しみにする修学旅行の費用を、あちこちに頼み込んで捻出しようとす
るエスマの疲れた表情は、貧しい家庭の主人公を描くイギリス映画の中に見た
ような気もする。
親の心を知ってか知らずか、思春期を迎える娘は反抗的な態度をとるようにも
なり、生活はますます荒れる。ヨーロッパのいろんな都会を舞台にした、裕福
じゃない登場人物は、あちこちで見かける、既視感さえ漂う。

しかし、しかし。
レイプにあったエスマがバスで男の隣にいるだけで恐怖を感じている様子、エ
スマがかつて医学生で、エスマの淡い恋の相手は経済学を学んでいたのに、戦
争で学業を続けられなくなったこと、共通の話題が、遺体確認現場の思い出だっ
たこと、などなど、随所でチクチクと、これはよくある都会の物語なんかじゃ
ないと、訴えかけてくる。
声高に戦争被害をつきつけるよりもそれは、ずっと心に刺さる。

サラが事実を受け入れる物語にならないのは当たり前で、それは、エスマ自身
もその事実を受け入れることができていなかったからだ。無言でじくじくと苦
しみ続けていたからだ。
出生の秘密に母娘で対峙するような紋切り型の見せ場はない。事実を知ったサ
ラの様子もドラマチックには仕立てない。

きっとこの母娘はこの後も、何かとぶつかり、事実を隠したことと事実そのも
のに心を削られ続けられるのだろう。しかし、母も娘も、少しずつ前に進んで
いる。互いの存在が互いにとって何より大切であることはずっと同じだ。
サラエボの街で、どうか二人が幸せでありますようにと、願わずにいられない。
そしてその祈りができるなら、幾千幾万のあの街で戦争の傷跡に苦しむ人々に
届くことを。

■COLUMN
サラエボ出身の若い女性監督が撮った作品。様々なシーンにサラエボへの愛を
感じる。
高台から見渡す街の姿は、一度実際に見てみたいと心そそられる。ショッピン
グセンターは、豪奢では決してないが、気晴らしにデートに家族団らんに、街
の人の憩う姿がほほえましい。

魚屋でエスマは、水槽を指さして、大きめの鱒を一匹と、注文する。魚屋のお
じさんは、水槽から網ですくって、トンカチでたたいて渡してくれる。そんな
買い物が普通なのね(かどうかは定かじゃないが)と、びっくりしながらも他
の買い物風景も見てみたいと思う。

もう普通の市民の暮らしが戻っているかに見えて、ふと横には破壊されたまま
の建物が廃墟として残る。戦後に増えたと思しき高い塔のそびえるモスク。ど
のシーンに写る街の姿にも、悲しさも暗さも明るさも全部ひっくるめた街への
愛着が濃い。

原題のGrbavicaは、エスマの住む地域の名で、紛争中、セルビア人勢力による
攻撃を受け、組織的レイプの行われた場所だという。
外国人にとって発音もしづらく、決してわかりやすくないこのタイトルをつけ
たのは、このグルバヴィッツァという土地の持つ記憶を決して忘れない、外に
も未来にも語っていこうという、サラエボを愛する作家の覚悟とメッセージの
表れともとれる。

パリ、トーキョー、ニューヨーク、など、クリエイターが思い入れる街、憧れ
る街は数多いが、そういった思い入れとは違う、強い思いを受ける映画だった。

■DVD INFORMATION
サラエボの花
価格:¥ 4,001(定価:¥ 5,040)
http://www.amazon.co.jp/dp/B0015ASHJ0/ref=nosim/?tag=oushueiga-22

---------------

感想やリクエスト、夏の計画など、どうぞお寄せください。


編集・発行:あんどうちよ

リンクは自由ですが、転載には許可が必要です。
一部分を引用する場合には、連絡の必要はありませんが、
引用元を明記してください。

Copyright(C)2004-2008 Chiyo ANDO

---------------


タグ:東欧
posted by chiyo at 02:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

No.181 トリコロール/赤の恋

================================================

欧 州 映 画 紀 行
               No.181   08.07.31配信
================================================

「ここじゃない何処か」に行ってしまいたい、あなたのための映画案内。
週末は、ビデオ鑑賞でヨーロッパに逃避旅行しませんか?
フランス映画を中心に、おすすめの欧州映画をご紹介いたします。

★ 言葉を紡ぐ者を無力にする作品を ★

作品はこちら
------------------------------------------------------------
タイトル:『トリコロール/赤の愛』

製作:フランス・ポーランド・スイス/1994年
原題:Trois couleurs: Rouge 英語題:Three Colours: Red

監督・共同脚本:クシシュトフ・キェシロフスキ(Krzysztof Kieslowski)
出演:イレーヌ・ジャコブ、ジャン=ルイ・トランティニャン、
   フレデリック・フェデール、ジャン=ピエール・ロリ
-------------------------------------------------------------

■STORY&COMMENT
モデルのヴァランティーヌは、ロンドンにいる恋人と遠距離恋愛中。ある日、
犬をひいてしまったことがきっかけである老人と知り合う。この老人は、人を
信用せず、元判事にもかかわらず、近所の家の盗聴をして暮らしている。盗聴
をやめてと頼むヴァランティーヌ。取り合わない老人。しかし、少しずつ二人
の間に不思議なつながりができて……。

96年に急逝した巨匠キェシロフシキ監督によるフランス国旗の3色をモチーフ
に様々な愛の形を表した連作「トリコロール」の1作。
青・白・赤の順に製作、公開されたが、3作中、私はこの「赤」がいちばん好
きだ。
シリーズの最終作品らしく、本作最後には、「青」と「白」の主役カップルが
チラリと登場する。シリーズ全作を観た人には、このシーンも見物。

キェシロフシキ監督の作品を扱うとき、言葉で説明すると、すっかりアホみた
いになるのが困る。前に『ふたりのベロニカ』を取り上げたときも、言葉が無
力であることをしみじみ思った。
参考:http://mille-feuilles.hp.infoseek.co.jp/cinema/back/film046.html

ストーリーをかいつまんで説明すると、ずいぶん通俗的になってしまいそうだ。
ヴァランティーヌは、恋人がやたらに干渉して嫉妬深いことに居心地の悪さを
覚えている。日々積み重なる不安と苛立ちをかかえ、人を信じず飼い犬もどこ
か邪険に扱う老人に出会い、そこから交流が生まれる。
サイドストーリーに、元判事の若い頃の体験をなぞるかのような、近所の司法
学生の恋愛の行方が差し込まれる。

と、このようにストーリーやエピソードは、安手なドラマにもありそうでもあ
る。でも、この作品世界は、「ありがち」からかけ離れている。
そのギャップの原因のひとつは、映画の中での描き方はもっと漠としているこ
と。私の中で言葉を補って「ストーリー」としているから、通俗的な印象を与
えてしまう。きっと、別の人がまとめると、全然違う切り口になるだろう。

登場人物を、「こんな人」とキャラクターづけできるような、強い個性を表す
何かを提示しない。なのに、ヴァランティーヌも、元判事も、その人そのもの。
画面も観る人の心も支配する。その代わりに、「こんな人」と説明すれば、そ
の像はほころびだらけでどんどん人物から離れてしまう。
電話の向こうに懐かしさと寂しさを感じるヴァランティーヌはそのヴァランティー
ヌであり、盗聴を日課とする元判事はその元判事その人である。こういう性格、
こういう境遇、そうした分類、特徴付け、すべて超えて、よく知るその人その
ものを映し出す。
だから、言葉を重ねて何か説明するより、無力にも「観てみてよ」としか、こ
の作品を伝える術がない。

後半からは安手なドラマでやったなら、どこか鼻白んでしまうような、健全な
倫理観が、説得力をもって立ち上がる。人を信じない孤独な老人をずっと観て
いたのに、最終的にはこの世界を信じてみる勇気を与えられる。
「青」は自由、「白」は平等、「赤」は博愛というのが、このシリーズのテー
マだそうだ。

■COLUMN
作品のメインカラー「赤」が、ところどころに配置される映像が美しい。
街のライト、信号、バッグ、車、要所要所に、「赤色」のアクセントが効いて
いる。どこもかしこも、どのショットにも赤という訳ではない。しかし、メイ
ンカラーが赤であることを、折りに触れて思い出させてくれる、抜群のバラン
スでの赤の入れ方が、本当にうまい。
って相手は巨匠なんだから、私が褒めても仕方ないから、言い換えれば、そう
いう赤を見せてくれることがうれしい。

考えてみると、応援しているサッカーチームのカラーは赤。今使っているメガ
ネのフレームは赤。私は赤が好きなのかもしれない。

強烈に、さりげなく、はっと目を引く具合に、こっそり仕込まれたように、地
味な色合いをヴィヴィッドに輝かせるように、時に唐突に、自然に、画に差し
込まれた赤を見たくて、ディスクを進めたり、戻したり、気に入りの映像を探
してみた。そうすると、前には気づかなかったささやかな赤や、堂々としてい
てかえって気づけなかった赤に、また出会えたりもする。

1時間半あまりの上映時間は、そんなに早くそこで終わってしまうのがとても
惜しくて、この世界の続きをもう体験できないのはとてもさみしくて、大きな
大きな赤をバックにヴァランティーヌの横顔が訴えかける、最後のショットは、
なごりの赤だった。

家の中、街の中、テレビの中、明日から赤という色の見方も変わりそうな気が
している。

■DVD INFORMATION
トリコロール/赤の愛
価格:(定価:¥ 3,990)中古品が出品されていますが定価より高くなってます。
http://www.amazon.co.jp/dp/B000BKJJ9W/ref=nosim/?tag=oushueiga-22

トリコロール~赤の愛 →VHSです。中古が安く出品されているようです。
価格:(定価:¥ 3,990)
http://www.amazon.co.jp/dp/B000064Z5K/ref=nosim/?tag=oushueiga-22

キェシロフスキ・コレクションII 「トリコロール」セット
価格:(定価:¥ 14,700)これも、コレクター価格となっちゃってます。
http://www.amazon.co.jp/dp/B0000AKI6U/ref=nosim/?tag=oushueiga-22

---------------

感想やリクエスト、好きな色など、どうぞお寄せください。

編集・発行:あんどうちよ

リンクは自由ですが、転載には許可が必要です。
一部分を引用する場合には、連絡の必要はありませんが、
引用元を明記してください。

Copyright(C)2004-2008 Chiyo ANDO

---------------

posted by chiyo at 12:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

No.180 アーネスト式プロポーズ

================================================

欧 州 映 画 紀 行
             No.180   08.07.24配信
================================================

「ここじゃない何処か」に行ってしまいたい、あなたのための映画案内。
週末は、ビデオ鑑賞でヨーロッパに逃避旅行しませんか?
フランス映画を中心に、おすすめの欧州映画をご紹介いたします。

★ 作り物である幸せ ★

作品はこちら
------------------------------------------------------------
タイトル:『アーネスト式プロポーズ』
製作:イギリス・アメリカ/2002年
原題:The Importance of Being Earnest  

監督・脚本:オリヴァー・パーカー(Oliver Parker)
出演:ルパート・エヴェレット、コリン・ファース、フランシス・オコナー、
   リース・ウィザースプーン、ジュディ・デンチ
-------------------------------------------------------------

■STORY&COMMENT
オスカー・ワイルドの戯曲『まじめが肝心』を映画化したコメディ。
田舎の貴族ジャックは、架空の弟「アーネスト」という放蕩キャラクターを作
り、アーネストの不始末を口実にたびたびロンドンに出かけていた。
ロンドンではアーネストとして社交界を渡っていたジャック。令嬢グウェンド
レンと恋をしプロポーズし承諾されるも、彼女はアーネストという名の人と結
婚するのが運命なのだというから、さあ困った。
一方、ジャックの友人アルジーは、ジャックが後見人をつとめる令嬢セシリー
に、「アーネスト」をかたって近づくが、今度はセシリーもが、「アーネスト」
と結婚するのが運命だと言い出す。

毎日、暑い。
インターネットを通じてお届けするメルマガだから、バカンスを北極圏で過ご
している人もいるかもしれないし、南半球で暮らしていて極寒だという方に宛
てている可能性もある。だから、皆が共感してくださるわけじゃないだろうけ
れど、とにかくここ東京は暑い。
私は基本「とても寒がり」なので、暑いのは平気な方だ。人が暑いと言いはじ
める頃「やっとちょうどいい気温になったー」とはしゃぐ。が、すごく暑いと、
人並みに暑くてバテる。別に私は格別暑さに強いわけではなかったのだ、と梅
雨が明けると毎年思い知る(ということは毎年忘れるのだ)。

そんな年中行事、暑がる己を思い知る今日この頃、難しいことは考えたくない。
バカみたいな設定、お気楽なハッピーエンド、信じられないようなとんとん拍
子の展開。この暑さでへばった頭にはちょうどいい。

小気味よいセリフの掛け合いが楽しい。字幕に反映されていなかったり、文化
的な知識が足りなくて、わかってないところも多いだろうところがもったいな
いとも思う。
偽名が引き起こすドタバタ、結婚に反対するグウェンドレンの母、真相を知っ
て怒る女性陣、難題は次々とやってくるが、その都度、もしくは最終的に、あ
り得ないくらいにきれいに解決する潔さ。現実の生活ならば、そうはいかない
だろう、と思うから、つまり現実には応用きかず。ここから何かを学び取る必
要はまったくなし。反省とも教訓とも無縁だ。
笑って、くだらなーい、と声を上げ、上映時間を満喫したらそのまま忘れてい
い。そのお気楽さって、実はとても貴重だと思う。

原作の戯曲にほぼ忠実に作られているが、映画オリジナルのシーンにジャック
とアルジーの歌がある。怒った女性陣をなだめるためのデュエット。どっちか
というと下手なところが情けなくてチャーミングだ。舞台では表現できない貴
族のお城やその広々とした庭もみどころ。そして、私が個人的に気に入ってい
るのが、ジュディ・デンチ演ずるグウェンドレンの母の、出てくる度に変わる
派手な帽子。いい味だ。

頭を空っぽにできる笑劇は、本国ではどんな季節に向くのだろう。じっと太陽
と芽吹きを待つ長い冬の間か。それとも季節に関係なく浮き世の煩わしさを追
い払うのか。
もちろん日本でだって、季節に関係なく憂さ晴らしにいい。でも私は、バテた
胃に優しい素麺のごとく、沸いた脳にも心地よく吸収できる真夏が向いている
と思えて仕方がないのだなあ。

■COLUMN
幼い頃、ギャグマンガを読みながら、「なぜこんな風に笑って世を過ごせない
のだろうか」と涙するややこしい子どもだった。
大人になってもう少し気晴らしのしかたはうまくなったとは思うが、三つ子の
魂百まで。作り物の世界への憧憬は変わらない。

そのせいか、例えば「今やってる映画、何観ようかな」とリストアップしたと
きに、「実話をベースにした」などと言われると、「観たい度」の星1つ減る。
もちろん、実話ベースの作品で大好きなものもたくさんある。このメルマガで
も取り上げている。
結局は、一つひとつの作品の質であり、一つひとつの作品に対する好き嫌い。
だから、「好きなタイプ・ジャンル」の話であり、どう宣伝されると観たいな、
と思うか、という次元の話なのだけれど。

予告編などで、「実話を元に」「実際に起こった真実の物語」などと言われる
作品は多く、ということは、そう言われると観たくなる人が多いんだろう。
なんでかなあ。

私は、実話を元にすると、実話の範囲内でしか物語を作れないから、つまんな
いじゃん。それよりは、物語として美しい(ばかばかしい、面白い、くだらな
い、悲しい、緊迫した、etc.)世界を構築する方がいいじゃないかと反射的に
思う。
私とは違って、実話の方が本当に起こったことだから説得力がある、と反射的
に思う人が多い? でも、物語の中の説得力って、本当に起きたかどうかとは、
また別のところにある。
私はだから、実話がベースの場合も、その実際にあったエピソードが物語の世
界としてきれいに成立していれば、たいてい気に入る。エピソードの報告みた
いにしか感じられないと、「だから実話ってつまんない」とむくれる。
本当は「実話であること」には罪はないのだが。

原作者のオスカー・ワイルドは、この作品を「ファルス的」「空想的で荒唐無
稽」「ノンセンス的で、シリアスな興味の的になるものをもっていない」と言っ
たそうだ。
荒唐無稽であっても、劇中での「リアルさ」を作りだしてしまう力、そして、
何らの教訓を見いださなくても(もちろん見いだしたっていいのだけれど)、
その物語の世界の存在自体が面白い。
幼少の私なら、なんでこんなに楽しくトントンと皆幸せにならないだろうかと、
涙しただろうか。

大いなる作り事の世界に、逃げ込ませるのも、逃げ込むのも、実は人類の英知
かな、と、この夏の盛りに思うのだ。


参考資料
『岩波講座 文学 5演劇とパフォーマンス』
http://www.amazon.co.jp/dp/4000112058/ref=nosim/?tag=oushueiga-22

■DVD INFORMATION
アーネスト式プロポーズ
価格:¥ 3,152(定価:¥ 3,990)
http://www.amazon.co.jp/dp/B0012QE124/ref=nosim/?tag=oushueiga-22


---------------

感想やリクエスト、昨日の献立など、どうぞお寄せください。

編集・発行:あんどうちよ

リンクは自由ですが、転載には許可が必要です。
一部分を引用する場合には、連絡の必要はありませんが、
引用元を明記してください。

Copyright(C)2004-2008 Chiyo ANDO

---------------
タグ:イギリス
posted by chiyo at 22:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

No.179 パリ、恋人たちの2日間(新作)

================================================

欧 州 映 画 紀 行
                No.179   08.07.17配信
================================================

「ここじゃない何処か」に行ってしまいたい、あなたのための映画案内。
週末は、ビデオ鑑賞でヨーロッパに逃避旅行しませんか?
フランス映画を中心に、おすすめの欧州映画をご紹介いたします。

★ 旅に出たら、好きな人が別の人に見えてくるって、あるでしょう ★

作品はこちら
------------------------------------------------------------
タイトル:『パリ、恋人たちの2日間』
製作:フランス・ドイツ/2007年
原題:2 Days in Paris 

監督・脚本:ジュリー・デルピー(Julie Delpy)
出演:ジュリー・デルピー、アダム・ゴールドバーグ
-------------------------------------------------------------

■STORY&COMMENT
ジュリー・デルピーが、監督・脚本・主演・音楽・編集・製作をこなした作品。
アメリカで暮らすフランス人写真家マリオンは、アメリカ人の恋人のジャック
とヴェネツィア旅行に行ってきた。その帰り、猫を預けておいたパリの両親の
もとにカップルは2日間滞在する。
言葉は通じない、マリオンの昔の恋人らしき男が次々登場、だんだんジャック
は不機嫌になって……。

ジュリー・デルピーと言えば、国際列車で偶然出会った男女が、意気投合して
ウィーンの街を一日限りの恋人のように歩く『ビフォア・サンライズ 恋人ま
での距離(ディスタンス)』、そして10年後2人がパリで再会する『ビフォア・
サンセット』が思い浮かぶ。(共演イーサン・ホーク)
この2作、話は面白いけれど、街の撮り方が私はどうにも好きになれなかった。
どこがどうと、うまく説明できないんだけれど、とにかく風景の映像が好きじゃ
なかった。恋人が1日とか2日とか短い期間、街を歩くという設定、これらの
2作を思い浮かべるもので、またあの映像の感じかな〜と、心配しながら観た
けれど、街を自然に捉えていて好感が持てた。撮る人が別なんだから、違って
いて当たり前なのだけれど。

旅に出ると、慣れ親しんでいたはずの人が、急に違う面を見せて別人に見えて
きたりする。数年前に話題になった「成田離婚」なんていうのも、その手のも
のかもしれない。
好きな人が別人に見えて孤独になる、そんな瞬間がたっぷりつまった2日間を
送るカップルは、交際2年。この作品ではそこに、国籍の違いという文化衝突
が加わって、話はややこしく、観客にとっては面白くなる。

文句ばっかりたれる態度の悪いタクシー運転手、昔の恋人でも友達づきあいを
するのは普通で、その上当時の話をしゃべりまくるデリカシーのなさ。
アメリカ人のジャックからすると信じられない事態が続く上、滞在先はマリオ
ンの実家。やたらあけすけな両親の相手もしなきゃならなくて、頼りのマリオ
ンは、両親を煙たがってケンカしても、そこはやっぱり故郷。微妙にチャンネ
ルが変わって、「そこのうちの子」にぴたりとおさまってしまう。ふだん見せ
ない別のマリオンに、ジャックには見えるだろう。

マリオンにしたって、「ヨーロッパはテロが起きる」と、偏見丸出しのジャッ
ク、普通に昔の友達に接しているだけなのに、嫉妬深いジャックに疲れはじめ
る。
楽しくロマンチックなはずだった旅行の最後に訪れる危機。カップルはどうこ
れを乗り越えるのか、それとも我慢しきれず壊してしまうのか。
大人になると、情熱だけで関係を決められなくなる。それが果たしていいこと
か、悲しいことなのか。いろんな見方のできる作品。

■COLUMN
正直なところ、すごーく気に入った作品という訳じゃない。ただ、観た後いろ
いろ考えてしまって、これだけひきずるっていうことは、考えていけば何かあ
るということだな、と題材にした。

旅先で好きな人の違う面が見えてくるところ、相手の親や友人に囲まれて所在
ない孤独を味わうこと、国籍の違いとふるまいの違いを、ついつい結びつけて
考えてしまうこと。などなど、「あるよなー」と共感するところがたくさんあっ
て、面白い。
ただ、じゃあ、そういう細かいこと一つひとつが重なって、どんな物語になっ
てるんだろう、というと、ピンとこない。このシーンが面白かった、あのシー
ンがツボだった、あそこは笑えた、あの下りは身につまされた、等々はたくさ
んあるけれど、物語としてまとまる高揚感が感じられない。

たぶん、そこが私が手放しで気に入ることのできないところで、物足りなさが
残る。しかしそれは、作り物っぽくない自然さがあるということでもある。
(キャラクターはかなり作り物っぽいけれど)
マリオンの両親役は、ジュリー・デルピーの本当の両親が演じている、なんて
ところも、その一要素かな。

あるインターナショナルカップルが、彼女の実家を訪れて、もめたり妬いたり
寂しくなったり、すったもんだ。
親のこと、昔の友達のこと、これからの二人のこと、二人の思い出のこと、旅
のこと。いろんなことが、きゅっとまとまることとなんか無縁に、あっちから
こっちから、己のなかから湧いてくる。

だから、全体として何だった、物語としてきれいに組み立てられていた、など
がなくても、あそこがよかった、あのシーンは笑えた、ああいうことかるかも。
そんな楽しみ方できっとよかったのだろう。いろいろ考えていたら、そんな結
論に達した。
うーん、難しく考えすぎ?

ところで、作品のひとつ豆知識というか豆情報。
ヨーロッパのどこの国の映画を観ても出てる印象のダニエル・ブリュールが、
ここでもちらっと出演。びっくりした。カメオ出演かと思ったら、エンドクレ
ジットでは主演カップル2人の後、3番目に登場していたから、通常出演(?)
なのだろうか。ブリュールファンにもおすすめ。
ダニエル・ブリュールについて。よかったらバックナンバーをのぞいてみてく
ださい。
http://mille-feuilles.hp.infoseek.co.jp/cinema/back/film172.html

■INFORMATION
東京での上映はそろそろ終わりのようです。
角川シネマ新宿と恵比寿ガーデンシネマで7月18日(金)まで。
札幌、佐賀、長崎などで19日(土)より。
その他、全国巡回予定。詳細は公式ページで。
http://paris-2days.com/
http://paris-2days.com/theater.html(上映劇場情報ページに直接)

参考
ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)
価格:¥ 3,440(定価:¥ 3,980)
http://www.amazon.co.jp/dp/B00092P62Q/ref=nosim/?tag=oushueiga-22

ビフォア・サンセット
価格:¥ 1,500(定価:¥ 1,500)
http://www.amazon.co.jp/dp/B000FQW0RA/ref=nosim/?tag=oushueiga-22

ビフォア・サンセット / ビフォア・サンライズ 恋人までの距離 ツインパッ
ク (初回限定生産)
価格:¥ 5,934(定価:¥ 6,980)
http://www.amazon.co.jp/dp/B00092P62G/ref=nosim/?tag=oushueiga-22

---------------

感想やリクエスト、日常の愚痴など、どうぞお寄せください。

編集・発行:あんどうちよ

リンクは自由ですが、転載には許可が必要です。
一部分を引用する場合には、連絡の必要はありませんが、
引用元を明記してください。

Copyright(C)2004-2008 Chiyo ANDO

---------------

タグ:フランス
posted by chiyo at 21:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

No.178 ソフィー・マルソーの愛人〈ラマン〉

================================================

欧 州 映 画 紀 行
              No.178   08.07.12配信
================================================

「ここじゃない何処か」に行ってしまいたい、あなたのための映画案内。
週末は、ビデオ鑑賞でヨーロッパに逃避旅行しませんか?
フランス映画を中心に、おすすめの欧州映画をご紹介いたします。

前号で、次の配信は7月12日(木)などと寝ぼけたことを言ってしまいました。
どうも6月のカレンダーを見ていたようで。
間違いついでに、
今回は変則的に、土曜、12日付けでお送りする「欧州映画紀行」です。

★ 軽いラブコメで悩みを吹き飛ばそう ★

作品はこちら
------------------------------------------------------------
タイトル:『ソフィー・マルソーの愛人〈ラマン〉』
製作:フランス/2003年
原題:Je reste! 英語題:I'm Staying!

監督:ディアーヌ・キュリス(Diane Kurys)
出演:ソフィー・マルソー、ヴァンサン・ペレーズ、シャルル・ベルリング
-------------------------------------------------------------

■STORY&COMMENT
パリの豪勢なアパルトマンで暮らすマリ・ドーは、夫ベルトランとの関係に悩
んでいる。大手ゼネコンに勤める彼は、出張ばかりで妻にも息子にも無関心。
たまの休日には自分の自転車トレーニングにつき合わせるだけ。
そんな生活に嫌気が差していたマリ・ドーは、ある日、映画館で一人の男性と
出会う。しだいにその男性・アントワーヌに惹かれていく彼女だが……。
夫婦の危機と変化を、ちょっとひねって描くラブコメディ。

こういう三番煎じだか冗談だかわからないようなタイトルは、劇場未公開作品
と決まっている。確かに「フランス映画」好きな客にアピールするには、いさ
さかチープで軽すぎるかもしれない作品。劇場公開するのは難しかったろう。
でも、私は嫌いじゃないな。ばかばかしくもチャーミング、軽ーく元気にして
くれる。蒸し暑い夜にさらりとDVDで観るのに向いている。

ベルトランは、典型的にイヤな夫。仕事ばかりで家庭を振り返らないなら、妻
を自由にさせていたらいいもんだが、息子が小さいことを理由に働かせず家に
縛り付ける。息子が気にくわないことをすれば「しつけが悪い」と怒る。
休みには自分の趣味の自転車に無理矢理つきあわせ、マリ・ドーの役目は車で
併走、食糧補給、怪我の手当だ。
「出世欲の塊」みたいな態度には同僚からも不評を買い、出張先では日常的に
浮気にいそしむ。

まあ、なんでこんな凡庸な男にわざわざヴァンサン・ペレーズを使うかね、と
不思議に思う前半だが、当然ながら、このままのベルトランじゃないから有名
俳優を使うし、映画なのである。

不満が爆発しそうなマリ・ドーに新しい出会い。平凡な主婦のラブ・ロマンス
でも始まるかな、と思うと、そう単純ではない。マリ・ドーの恋人にならんと
するこのアントワーヌ。ただの恋人じゃないらしい、どうも何かの企みがある
らしく、三角関係の始まる後半からは、「どんな話」とジャンル分けするのも
難しくなってくる。

誤解を招くこと承知で言ってしまえば、スピーディーなんだか雑なんだかわか
らない展開。つっこみどころはそりゃあたくさんある。
でもね、不幸がぺっとり張り付いたようなマリ・ドーに、こうやって笑顔が戻
るなら、いいか、と。凡庸で醜悪なキャラクターも、こうやって変化するなら
それもいいか、と。展開のあら探しはしない方が勝ち(って、何の勝負だかわ
からないけれど)だと思う。

何かに悩んでいて、難しいテーマやリアルな人間ドラマは今ちょっと、てな人
にはおすすめ。
前半のマリ・ドーの悩みを見れば、自分の悩みなんてひょっとしたら小さいも
のなんじゃないかと思え、後半のあっけらかんとしたコメディ展開には、悩み
なんてこんなふうに、ポンポンポンと、何とかなっていくもんじゃないかと思
える。ところどころの小ネタギャグには、他愛なく平和に笑えるしね。
ぜひお試しを。

■COLUMN
上にも書いたように、ベルトランは少なくとも初めのうちはひどく俗で凡庸で
横暴だ。
「家庭を振り返らない」「妻に働かせない」「出張先ではCAと浮気」
嫌な夫の記号のオンパレードだ。こういうのは洋の東西を問わない、わかりや
すい記号なんだろう。
さらに、ベルトランのキャラクターを表す記号には、ひょっとしたら日本人だ
からいまいちイメージできないものもあるのかな、というものもある。

例えば、家でも車のなかでもひたすら流すジャック・ブレルの歌。ジャック・
ブレルといえば、往年のシャンソン歌手でフランスの国民的スターだ(本人は
ベルギー人なのだけれど)。どーんと真っ直ぐに歌い上げる歌声を、そりゃあ
毎日流されたらイヤになるってもんだが、「ジャック・ブレルをいつも流して
いる」には、きっと独特のイメージがあるんだと思うんだ。日本だったら何に
あたるんだろう。美空ひばり? グループサウンズ? 
固有名詞の喚起するイメージは、他の何にも代え難い力があって、このあたり
の細かいキャラクターのあり方は、捉え切れてないんだろうなー、と歯がゆく
もなる。

一緒にサイクリングを楽しむならまだしも、マリ・ドーを併走、食事・水分補
給でさんざんつきあわせる自転車も、「ベルトラン像」を創る重要なアイテム。
「社長が自転車好きだから取り入るために始めた」設定は、どこの国でもわか
りやすい「凡庸」だが、自転車が趣味って、日本だったら個性的でかっこいい、
健康的というイメージにもなりそうだ。
実際に自転車に凝り始めると、フレーム(タイヤとかハンドルとかペダルとか
ついていない骨組みのみ)にウン十万だとか、理解しがたい高額の趣味になる
から、家族はいろいろ大変だろうけれど、「イメージ」の問題としてだ。

自転車競技は日本よりヨーロッパはずっと盛んだし歴史もある。ということは、
その競技でウンザリしてきた女どももずっと多いということにもなる。
「趣味が自転車」も、「保守的で自分の世界に没頭する輩」という符号になっ
ているのかもしれない、という気がする。

ところで、この時期、フランスではツール・ド・フランスの真っ最中。「自転
車競技観戦好き」の夫のおかげ、この時期は、毎夜毎夜、ツール・ド・フラン
スの生中継がテレビを独占している。
私だって自転車は割と好きだが、3週間、毎晩、何時間も自転車と山と田舎道
を眺めるのにはちょっぴり閉口ぎみ。
「家族をほったらかす自転車好き」のイメージを想像したのは、そのせいかも
しれない。どうか話半分に。
(彼の名誉のためにつけ加えておくと、ちょっとばかしテレビの視聴時間が長
いだけで、横暴でも、家族を無視しているわけでもないんですが)

■DVD INFORMATION
ソフィー・マルソーの愛人〈ラマン〉
価格:¥ 3,072(定価:¥ 3,990)
http://www.amazon.co.jp/dp/B001947CFW/ref=nosim/?tag=oushueiga-22

---------------

感想やリクエストなど、どうぞお寄せください。

編集・発行:あんどうちよ

リンクは自由ですが、転載には許可が必要です。
一部分を引用する場合には、連絡の必要はありませんが、
引用元を明記してください。

Copyright(C)2004-2008 Chiyo ANDO

---------------
タグ:フランス
posted by chiyo at 14:44| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

No.177 題名のない子守唄

================================================

欧 州 映 画 紀 行
             No.177   08.06.26配信
================================================

「ここじゃない何処か」に行ってしまいたい、あなたのための映画案内。
週末は、ビデオ鑑賞でヨーロッパに逃避旅行しませんか?
フランス映画を中心に、おすすめの欧州映画をご紹介いたします。

★ 何の話かわからない、サスペンスを楽しむ★

作品はこちら
------------------------------------------------------------
タイトル:『題名のない子守唄』
製作:イタリア/2007年
原題:La sconosciuta 英語題:The Unknown

監督・共同脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ(Giuseppe Tornatore)
出演:クセニア・ラパポルト、ミケーレ・プラチド、
   クラウディア・ジェリーニ、ピエラ・デッリ・エスポスティ、
   アレッサンドロ・ヘイベル、クララ・ドッセーナ
-------------------------------------------------------------

■STORY&COMMENT
北イタリアのトリエステに、一人の東欧系の女性がやってきた。名はイレーナ。
何者なのか、何をしに来たのか、誰もわからない。やがて彼女は家政婦として
ある家族、貴金属職人のアダケル家に近づいていく。訳ありげなイレーナの正
体? この家族との関係は? この先には何が待ち受けるのか……。

DVD版ではなくなっていたけれど、劇場で観たときには、本編が始まる前に
「日本の観客の皆様へ」とトルナトーレ監督の署名入りで、「この作品には意
外な結末が隠されています。後から観る人のためにどうか結末を話さないでく
ださい」とかなんとか、正確な言葉は忘れたけれど、お願いのメッセージが表
示された。
バカ正直なところのある私は、観てる間、特に物語も後半になると、「仰天の
結末ってこれ?」「驚愕の事実ってこれのこと?」と、いちいちびくびくと意
外な結末探しをしてしまった。あんな警告をしなくても、ネタバレを話す人は
話すし、話さない人は話さないし、あんまり意味なかったんじゃないのかなあ。
それとも、私みたいに、いちいち「え、これのこと? これのこと?」と観て
もらうことを期待したのか。だとしたらまんまと術中にはまったことになる。

そうしてびくびくと観るのもあながち間違いではないかも、と思うのは、この
物語が、誰だかわからない女のなんだかわからない話を眺めることに、少なく
とも前半は主眼があるから。
女はこの家族に何か復讐を企んでいるのかも知れない。
この家族の何かを探っているのかも知れない。
ひどい性的な思い出らしき回想シーンが、短く、フラッシュバックのように、
ところどころに挟み込まれる。そんなところからも、このイレーナは、かつて
自分をひどい目に逢わせて男へ復讐を考えているのでは? と想像させる。

だが、アダケル家に入り込んだ彼女は、幼い娘テアにもすっかりなつかれ、ど
んどん信頼を勝ち取っていく。家族をむしろ幸せへと導いているかのように。
果たして彼女の目的は何だろう。観客は頭フル回転で、この宙ぶらりんサスペ
ンスを楽しむ。もしくは、考えずにわからなさに身を任せて楽しむ。

そんな訳だから、どんな話なのか、これ以上は言わない。確実に何かを企んで
いるらしき見知らぬ女のサスペンスだ。
しかし、しかし。ラストについて一言だけ。物語の帰着としてあのラストは必
要なんだろうなと思いながら、うーーん、私はどこか納得がいかない。そう、
なるもんかなあ。私はそうはいかないと思うぞぉ。ぐじぐじ。
観た方、どう思ったか、ぜひ教えてください。

■COLUMN
世間の評価とは対照的に、ジュゼッペ・トルナトーレ作品は、これまでどうも
相性が悪かった。
名高き『ニュー・シネマ・パラダイス』も、どこで心を動かしてよいやらピン
とこない。この作品、好きな人は「これをわからない奴は人としておかしい」
てな具合ですごんでくるから、あまりおおっぴらにわからん、というのもはば
かられ、「苦手なんだーなんとなく、、、」と下を向くことにしている。今よ
りもっともっととんがっていた若い頃に観たせいかもね、とも思う。が、こち
らも評判高き『マレーナ』も、どこでピンときてよいやらわからなかったとき
には、やっぱりこの監督とは相性というものが徹底的に違うのだ、という結論
に達した。

そんな結論を出しておきながら、この『題名のない子守唄』を観てみようと思っ
たのは、前出2作にピンとできなかったのは、「男の子の物語」だったからじゃ
ないか、という気もしていたから。
その勘は当たったのかもしれない。この監督が女性を主人公にすることは珍し
いらしいが、これまで女性を描かなかったことを意外に思う。女性の悲しみと
か、女性ならではの意地悪な視点とか、女性だからこその身勝手さとか、そん
なものがたくさん盛り込まれているこの作品には、するっと入り込むことがで
きた。

その分、女として、辛いモノつきつけられたな、という痛さは刻まれるけれど、
うまいこと、心をえぐってくれる刺激はある意味で心地よい。
そして同時に、男だ女だ、を超えた、今、この時代を見つめる社会性があるこ
とも、作品に引きつけられた理由であると思う。

昔からのトルナトーレファンにとって、この作品はどうなんだろう。その辺り
の感想も、ぜひ送ってください。

■INFORMATION
・DVD
題名のない子守唄
価格:¥ 3,152(定価:¥ 3,990)
http://www.amazon.co.jp/dp/B00147TURM/ref=nosim/?tag=oushueiga-22

来週7月5日は、配信をお休みします。
7月12日(木)に再開予定です、
が、場合によるともう1週お休みする可能性もあります。
よろしくお願いいたします。

---------------

感想・問い合わせはお気軽に。

編集・発行:あんどうちよ

リンクは自由ですが、転載には許可が必要です。
一部分を引用する場合には、連絡の必要はありませんが、
引用元を明記してください。

Copyright(C)2004-2008 Chiyo ANDO

---------------

タグ:イタリア
posted by chiyo at 23:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

No.176 ONCE ダブリンの街角で

================================================

欧 州 映 画 紀 行
              No.176   08.06.19配信
================================================

「ここじゃない何処か」に行ってしまいたい、あなたのための映画案内。
週末は、ビデオ鑑賞でヨーロッパに逃避旅行しませんか?
フランス映画を中心に、おすすめの欧州映画をご紹介いたします。

★ 音楽の出会いに、言葉も背景も要らない ★

作品はこちら
------------------------------------------------------------
タイトル:『ONCE ダブリンの街角で』
製作:アイルランド/2006年
原題:Once 

監督:ジョン・カーニー(John Carney)
出演:グレン・ハンサード、マルケタ・イルグロヴァ
-------------------------------------------------------------

■STORY&COMMENT
ダブリンの街角で、穴のあいたギターで歌うストリートミュージシャン。ある
日、男の前に花売りの女が現れた。チェコ移民である彼女は、昼休みに楽器店
でピアノを弾かせてもらうのが楽しみ。
彼女のピアノを聴いて気に入った男は、自分のオリジナル曲をセッションしな
いかと誘う。

失恋をひきずって掃除機修理を営む実家でくすぶっているミュージシャン志望
の男と、貧しいが音楽の才能のある東欧移民の女。この二人の出会いの物語だ
と思っていたから、映画も早いうちからさっさと二人が出会っちゃったのには
ちと驚いた。
それぞれの孤独と閉塞を描いて、その状況を観客が心に刻んで、運命の人と出
会って、互いの人生が変わる、なんてタイプの物語だと思っていたから。

この物語は、二人の出会いや恋よりも(そもそもこの二人にある関係は、恋な
んだか友情なんだかその間なんだか、はっきりとしない)、音楽の出会いを描
いたものだ。
女はストリートで歌う彼の音楽が好きで話しかけた。男が彼女を好ましく思う
のも、ピアノを聴いてのこと。音楽と音楽の出会いなら、詳しい背景も要らな
い。前提とか、状況説明とか、意味すらどちらでもいい。そこに音があって、
それがサイコーだと思う。それでいい。

彼を演ずるのは人気バンドのリーダー、彼女を演ずるのは、そのバンドがチェ
コツアーを行ったときに知り合ったチェコの若きシンガーソングライター。や
たら揺れるカメラで二人の様子を捉えたこの映画は、その時の音楽家二人の出
会いを再現したドキュメンタリーとも言えるだろう。
主人公の名はわからず、最後まで一人の男と一人の女のままだ。

とは言っても、人間を描いてないということではない。互いに惹かれているけ
れど、恋には発展しない二人の姿はいじらしく、一撃で一目惚れできる音楽と
は対照的に、ぐずぐずと繊細な関係を描いているところはおしゃれだ。この後
を、観客の想像力にゆだねる辺りも。

全編にちりばめられたメロディアスなロック(だと私は思った)を楽しみなが
ら、ちょっと温かい気持ちになれる小品だ。

■COLUMN
アイルランドはダブリンが舞台の映画。上に書いたように、ドキュメンタリー
なタッチが味つけになっていて、ということは、オールロケ。男が歌うストリー
トはダブリンのホントのストリートで、海辺はホントにダブリン市民の憩いの
場で、スタジオはホントに街中のスタジオだ。
ロケ地マップが作品公式ホームページに載っていた。
http://oncethemovie.jp/ (About Ireland をクリック)

ダブリンを眺められる機会はうれしいのだけれど、欲を言えば、もっと、登場
人物がフレームに入っていないところで、意味なく(ないことはないんだろう
けれど)風景を映してくれるところが多いと、映画鑑賞で現地に行った気にな
る我がメルマガとしては、さらにうれしい。

そのアイルランド、イギリスの影響が濃いんだなあと、この映画でつくづく思っ
た。
まず、ストリートで歌う男は、恋人にふられてこのダブリンでくすぶっている。
くすぶっているとは言っていなかったけれど、そういう風情だ。まるで、ダブ
リンが農村部で何もないところであるかのような雰囲気で。
ダブリンって首都でしょー。背景に見える街並みも活気があるよー。と私は思
うのだけれど、やっぱりロンドンに出ないといけないらしい。きっと、殊に音
楽をやりたいなら、CDを出したいなら、ということだろうけれど、ちょっと不
思議だ。

そして、映画のスタイル。この作品が音楽に縁が深いから、ということもある
けれど、セリフが消え、ずっと音楽がならされて、画面は風景のように登場人
物の行動が映し出されて一定の時間の経過を表す、イギリスの映画(特に青春
映画)で多用されるシーンがたっぷりだ。(わかるかなあ、この説明で。この
演出方法に名前が付いているのだったら、誰か教えてください)
知らずにそのシーンだけ観たら、間違いなく「イギリス映画」だと思う。

イギリスと、同じではないけれど、文化も経済も近くてとても似ている。だけ
れどきっと、同じと言ったらすごーくお怒りになるんだろう。そんなアイルラ
ンド、いつか行ってみたいなあ。

■DVD INFORMATION
ONCE ダブリンの街角で デラックス版
価格:¥ 3,032(定価:¥ 3,990)
http://www.amazon.co.jp/dp/B0016XF4OW/ref=nosim/?tag=oushueiga-22

---------------

感想・問い合わせはお気軽に。

編集・発行:あんどうちよ

リンクは自由ですが、転載には許可が必要です。
一部分を引用する場合には、連絡の必要はありませんが、
引用元を明記してください。

Copyright(C)2004-2008 Chiyo ANDO

---------------

posted by chiyo at 21:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

No.175 女と男のいる舗道

================================================

欧 州 映 画 紀 行
             No.175   08.06.12配信
================================================

「ここじゃない何処か」に行ってしまいたい、あなたのための映画案内。
週末は、ビデオ鑑賞でヨーロッパに逃避旅行しませんか?
フランス映画を中心に、おすすめの欧州映画をご紹介いたします。

★ 私の人生は、自由を持った私が作っているのか ★

作品はこちら
------------------------------------------------------------
タイトル:『女と男のいる舗道』
製作:フランス/1962年
原題:Vivre sa vie 英語題:My Life to Live

監督・脚本:ジャン=リュック・ゴダール(Jean-Luc Godard)
出演:アンナ・カリーナ、サディ・レボ、ブリス・パラン、
   アンドレ・S・ラバルト
-------------------------------------------------------------

■STORY&COMMENT
若くして結婚、子どもをもうけたが離婚したナナ。女優となる夢を持っていた
が、レコード店のバイトでは自活できない。一度行きずりの男と寝て金を得た
のをきっかけに、プロの娼婦の道へと入っていく。

ストーリーはいたってシンプル。女優になりたいと言いながら、結局堕ちてい
くしか道がない、悲しい話だ。
ただ、その伝え方が、シンプルなのかシンプルじゃないのかわからない。たぶ
ん、シンプルか否かという問題設定がおかしいということになるんだろうが。

12章に分かれた構成は、時系列には並んでいるのだけれど、何となく時間の経
過を感じさせず、ナナの日常をスケッチし、ランダムに捉えたような印象が残
る。
その12のスケッチは、各章はじめに、例えば「10 舗道 ある男 幸福は楽し
くない」という具合に、おおまかな内容まで並んでいるから、観る方としては、
何が起こるかというのは大事な問題ではなくなくなる。
だから、主演のアンナ・カリーナの表情やしぐさ、警句的セリフが、やたらと
頭に残る。その印象の残り方は、目で観たもの聞いたものが残っていると思え
ば、シンプルともいえるし、ストーリーとは別の細かいところが残ると捉えれ
ば、ややこしいともいえる。

コケティッシュなボブの黒髪が印象的なナナ=アンナ・カリーナは、時折、演
技をしていない素の状態かと思わせる表情を見せる。それがまた抜群に観客に
強い印象を残す。
この撮影の頃は、アンナ・カリーナと最も親密な状態だったといわれるゴダー
ルが、演技しているときもしていないときも、愛する女をひたすら映し続けた
のか(それを後にアンナ・カリーナが怒ったという話もあるらしい)、考えは
じめると、ここに描かれたのはナナの人生なのか、アンナの女優という仕事を
している人生がどこかに同時に示されているのか、ああ、これもどんどんシン
プルじゃなくなってくる。

ゴダールのモノクロ映画は、部屋に流しておくとそれだけでなんとなくひとつ
のインテリアになるところも魅力だと思う。
部屋に流して、ああでもない、こうでもない、と考えているだけで、なんとな
くインテリになった気になれる効果もある。

いやいや、皮肉じゃなく。いろいろ解釈して観るのって、楽しい。
その解釈のひとつを、COLUMN欄で↓↓。

■COLUMN
去年の暮れ辺りから、我が家はちょっとした伊坂幸太郎ブームだ。ふだんあま
り小説なんぞ読まない夫が、なぜだか気に入って買い込んできて、全作品そろ
えたって具合ではまだ全然ないけれど、買っておいてあるものは私も読むので、
集中していろいろ読んだ。
そんなブームの一環で読んだ『死神の精度』。ここには、このゴダール映画で
「哲学者」が語る「微妙な嘘は誤りに近い」というセリフの引用が何度か出て
きていた。ちょうど読み終わって頭も温かかった頃に、他のDVDを見つけ出そ
うと、DVDの山をあさっていたら、ぽっとりと目の前にこれ『女と男のいる舗
道』を録画したディスクが落ちてきた。録画したことも忘れていたのだけれど、
これは、今観て、そして書けっていうことだな。と、今週のメルマガの題材と
なった。

今回は『死神の精度』がきっかけで観てみたわけだけれど、この小説から連想
すれば、ああ確かに、悲しい運命が待ち受けるナナは、1週間、死神が張り付
いていたのかもしれないな、と、伊坂幸太郎の「好きな映画だから引用した」
以上のものを感じ取った。(小説を読んでいない人には何のこっちゃですね)

そして、この映画を最初に観たのはずいぶん前だと思うけれど、そのときには
(おそらく)、思ってもみなかった捉え方を私はした。

ナナの悲しさは、「自由なんだから、すべてに責任があると思う。右を向くの
も、不幸になるのも、タバコを吸うのも、私の責任。人生は素敵だと思えばい
い」と言う本人の自覚とは逆に、ちっとも自由になんかなれていなかったこと
のように思う。
自由を求め女優になりたいと思い、自分の責任で自分の人生を決めていると信
じていながら、実は、流されて堕ちていくシステムにきれいにはまっているだ
けだった、そしてナナは最後までそのことに気づいていない。このことがいち
ばん、やりきれなくて悲しいことなんじゃないかと、今は思う。

前出『死神の精度』の、死ぬ人も死神自身も、見渡すことのできない大きなシ
ステムのなかに組み込まれている世界観に似ている。

ゴダール、に限らず、そして映画に限らずどんな作品も、いろんな見方がある、
けれど、まあこんなゴダール作品は特に、いろーんな見方ができる。そのうち
の一つの見方・考え方だ。
私も、たまたま今じゃなければそんな風に考えなかったかもしれない。
でも、今は「システムに組み込まれる」見方が気に入っている。
『女と男のいる舗道』二回目以降の人、初めての人、そんな面から観てみるの
も、おすすめですよ。


■INFORMATION
・DVD
女と男のいる舗道
価格:¥ 2,250(定価:¥ 2,500)
http://www.amazon.co.jp/dp/B000F4LD9S/ref=nosim/?tag=oushueiga-22

・参考図書
死神の精度 (文春文庫 (い70-1))伊坂 幸太郎
価格:¥ 550(定価:¥ 550)
http://www.amazon.co.jp/dp/4167745011/ref=nosim/?tag=oushueiga-22

・バタバタやワタワタはずいぶんと収まりました。
が、かわりにクタクタです。
そんな訳で、来週か再来週か、どこかで、観る時間と書く時間があってもお休
みしようかと画策中です。
メルマガがこなかったら、ああ、あの人クタクタだ、と思っていてください。

---------------

感想・問い合わせはお気軽に。

編集・発行:あんどうちよ

リンクは自由ですが、転載には許可が必要です。
一部分を引用する場合には、連絡の必要はありませんが、
引用元を明記してください。

Copyright(C)2004-2008 Chiyo ANDO

---------------

タグ:フランス
posted by chiyo at 00:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

No.174 僕のピアノコンチェルト

================================================

欧 州 映 画 紀 行
             No.174   08.05.22配信
================================================

「ここじゃない何処か」に行ってしまいたい、あなたのための映画案内。
週末は、ビデオ鑑賞でヨーロッパに逃避旅行しませんか?
フランス映画を中心に、おすすめの欧州映画をご紹介いたします。

★ 天才の悩みは、案外普遍的? ★

作品はこちら
------------------------------------------------------------
タイトル:『僕のピアノコンチェルト』
製作:スイス/2006年
原題:Vitus 

監督・共同脚本:フレディ・M・ムーラー(Fredi M. Murer)
出演:テオ・ゲオルギュー、ブルーノ・ガンツ、ジュリカ・ジェンキンス、
   ウルス・ユッカー、ファブリツィオ・ボルサニ
-------------------------------------------------------------

■STORY&COMMENT
頭脳もピアノの才能も秀でたヴィトスは、小さい頃から天才・神童と呼ばれ、
周囲を驚かせ、期待させてきた。飛び級で上の学校に通い、奇異な目で見られ
るヴィトスは、両親の期待も周りの対応もしだいに息苦しくなってくる。田舎
で職人をやっている祖父だけが理解者だ。
そんなある日、マンションから落ちてしまい、事故の後遺症で高いIQもピアノ
の才能もなくなり、ごく普通の男の子になってしまう。

昨秋に映画館に観に行って、そんなに期待していなかったのに、私の好みどん
ぴしゃで驚いた。「んふっ」て声出しながら口角が上げてくれるユーモアがあっ
て、適度に荒唐無稽で、適度にハラハラさせてくれて、適度にハッピー。観た
後、「よかったよー」て言ったのだけど、いまいち反応がよくなかったなあ。

確かに考えてみれば、この作品を好む人って、特定しづらい。派手な映像迫力
を好む人にはいかにも地味すぎ、人生を深く見つめて哲学したい諸兄にはバカ
バカしく、感涙のカタルシスを味わいたい乙女にはインパクトが足りない。で
も、そうした典型例にははまらず、その間、間、を縫うように、人生の不可思
議や、ちょっとした感情移入やら、スイスの大空やら、映画にあり得るいい要
素が少しずつ入っていて、バランスのいい作品なんだ。

「天才少年」というキャラクターが、ありそうでなさそうな、なさそうだけど、
ひょっとしたらありそうな、絶妙なストーリーを可能にしている。こんなこと
が本当にあったら、と楽しい希望を抱きたくなる。

そして、これが何よりこの作品のポイント。12歳のヴィトス演ずるテオ・ケオ
ルギューは、本当にピアノの神童で、すでにコンサートも開いている少年だ。
作品中、披露するピアノは、すべてテオが実際に弾いているもの。戯れにポロッ
と弾くものから、レッスンで弾くものも、すべて本物の演奏だから、ピアノ映
画としての説得力が抜群だ。

俳優が弾くフリをして音をつけると、そのついた音は、ふつうの上手な演奏に
なるけれど、ここで聴けるのはヴィトス=テオの、けっこう個性とクセのある
演奏。怒って弾くとき、乗って弾くとき、イヤイヤ弾くとき。音も動作も表情
も伴ってその場合場合で演奏が変わる。「ロシア風演奏」の物まねなんてこと
もしてくれる。

演技ができる人に、ピアノを弾くフリを練習させるより、ピアノを弾ける人に、
演技の練習をさせる方が、ずっと早いんだと、ちょっとした真理に行き当たっ
た気分だった。

■COLUMN
いわゆる「天才もの」には、たいがい天才ならではの苦悩が描かれていて、そ
れを眺めていると、ああ凡人でよかった、とほっとしたりする。
この作品のヴィトスも、学校が受け入れてくれない、親が過剰に期待して天才
児の親として過剰な責任感を持つ、どれも息苦しいことこの上なさそうだ。

しかし、よく考えてみると、親の期待が息苦しかった、なんてことはたいてい
の人が経験しているし、学校が窮屈だった人もたくさんいるだろう。ただ、凡
人だと、それはみんなそうよ、で片づけられてしまうだけ。
この映画を観ていて観客がヴィトスの気持ちがわかるのだって、ヴィトスの悩
みが特別じゃなくて、誰もが想像できる悩みだからだ。

天才だから薬におぼれた、天才だから奇行に走る。芸術家や前人未踏の業績を
挙げた学者やら、天才ならではのエピソードは世にあまたある。天才だからお
かしな行動に出る。と解釈しがちだけれど、案外、順番が違うかもしれない。

心の弱さから薬におぼれた、アルコールに耽溺した、理解できない行動に走っ
た、そんな人はいくらでもいるけれど、特に秀でた才能がなければ、そういう
(だめな、弱い、おかしな、かわいそうな、、などなど)人で終わる。ただ、
たまたま、天才と言われるほどの何か特徴的な才能を持っていれば、人は、
「天才だから常人には理解しがたい苦悩があってああなる」と物語を作ってく
れる。どこと特徴のない人は、悪癖は一刻も早く捨て去らなければならないけ
れど、天才ならば、世に貢献することで、何となく差し引きされて、悪癖を併
せ持っていてもよいというか、仕方ないようにされるんじゃないだろうか。

誰もが弱点や苦悩や悪癖を持つ。それを、その持ち主が何らかの天才だからっ
て、「天才故の」と軽々しく結びつけるのは、才能はないのに、まずは狂った
ふりして天才だと思いこむ若者と同じような順番違いかもしれない。
そりゃあもちろん、特殊な才能が引き起こす悩みもあるだろう。でもそれは、
他の人と同じように、なんとかして克服しようとする余地のある、人としての
普通の悩みであって、天才の悩みという特別のジャンルがあるわけではないん
じゃないかな。どうだろう。

■INFORMATION
・DVD
僕のピアノコンチェルト
価格:¥ 3,990(定価:¥ 3,990)
http://www.amazon.co.jp/dp/B0015XEYSA/ref=nosim/?tag=oushueiga-22

・サントラCD
「僕のピアノコンチェルト」オリジナル・サウンドトラック
価格:¥ 2,267(定価:¥ 2,520)
http://www.amazon.co.jp/dp/B000T2ICAE/ref=nosim/?tag=oushueiga-22

・最近ちょっとオタオタしてます。
つきましては、来週は発行をお休みします。

再来週は、観る時間と書く時間があれば、出そうとは思っているのですが、
まだわかりません。しばらく発行がなかったら、
おお、あやつはオタオタしてるなー、と思っていてください。
よろしくお願いします。

---------------

感想・問い合わせ・リクエスト等、お寄せください。

編集・発行:あんどうちよ

リンクは自由ですが、転載には許可が必要です。
一部分を引用する場合には、連絡の必要はありませんが、
引用元を明記してください。

Copyright(C)2004-2008 Chiyo ANDO

---------------

タグ:スイス
posted by chiyo at 22:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

No.173 待つ女

================================================

欧 州 映 画 紀 行
                 No.173   08.05.15配信
================================================

ちょっとバタバタしていましたので、
先週お休みしてしまいました。申し訳ありません。

「ここじゃない何処か」に行ってしまいたい、あなたのための映画案内。
週末は、ビデオ鑑賞でヨーロッパに逃避旅行しませんか?
フランス映画を中心に、おすすめの欧州映画をご紹介いたします。

★ つながれない二人 ★

作品はこちら
------------------------------------------------------------
タイトル:『待つ女』
製作:フランス/2006年
原題:7 ans 英語題:7 years

監督・脚本:ジャン=パスカル・アトゥ(Jean-Pascal Hattu)
出演:ヴァレリー・ドンゼッリ、シリル・トロレイ、ブリュノ・トデスキーニ、
   ナディア・カシ、パブロ・ドゥ・ラ・トーレ
-------------------------------------------------------------

■STORY&COMMENT
夫ヴァンサンが7年の刑に服して1年が経つ。メイテは週2回の面会を欠かさな
い。ある日、兄の面会に来たという男に声をかけられた。しつこく誘われるう
ちに、車で送ってもらったメイテは、その男と関係を持つようになる。しかし、
実はこのジャンという男、ヴァンサンの看守だった。

衣類を洗濯しアイロンをかけ、頼まれた差し入れのもを調達し、手を握り合う
だけのつかの間の逢瀬。二人とも互いが恋しい。
愛し合っている。7年が経つのを待っている。でも、塀の中に閉じこめられた
男は、いつか捨てられるかもしれないと恐怖があり、女も、いつか愛の形が変
化するのではないかと怖い。手は握れても、人目を盗んでキスできても、つな
がり合えない辛さは相当なもの。そして、「あの人とつながれない」悲しみに
は、「それなら誰でもいいのにつながれない」悲しみもぴったりと寄り添って
いる。
1年間、毎日一人の夜を過ごせば、誰かとつながりたい、誰かに触りたい、誰
かに触られたくなる。そんなところに謎のジャンがやってくる。

ネタバレといえばそうだけれど、この話はしないとこの映画について語れない
ので。
ジャンは、ヴァンサンに頼まれてメイテを誘惑した。らしい。らしい、という
のは、最後まで観ても、なんでジャンは頼まれてほいほいとそんなことをした
のか、どんな経緯でそうなったのか、ていう説明はないから。
レコーダーで性行中の音をとって、ヴァンサンはそれを聞く。それでメイテを
想う。屈折した愛情と欲望だ。事情を知ったメイテも、それを拒否できない。
ジャンの向こうに音を聞くヴァンサンを想いながら交わる。

官能ミステリーみたいにパッケージには書いてあって、屈折したプレイをにお
わせていたけれど。屈折なんてみんなちょっとずつしてるものだから、そこに
スポットをあてることに私はあんまり興味ない。この映画の面白さは、そうい
う変態性ではなくて、欲望と心理と葛藤とが入り混じった描写にあると思う。

そして、ヴァンサンが、なぜ7年の刑になったのか、間男の役回りのジャンが
くり返し「本当に愛している」と言ったのは、どこまで本当だったのか、はっ
きりとはわからない、不親切な設計がまたよい。人はこういうのを指して「フ
ランス映画」と代名詞的に使ったりするのではないか。

最後はどこかせつなくて、誰がというんじゃなくて、3人が3人ともせつなく
て。ああでもなし、こうでもなしと、考えさせてくれる良作だった。


■COLUMN
本を読むと、3行で「あ、これだめ」て思うことがある。1行のときもあるか
な。図書館で適当に借りてきた本ならそこでやめるけれど、お金を出しちゃっ
たとか、誰かに勧められたとか、とても評判がよくてそれがだめだと思ったら
自分がバカかもしれないとか、まあ、そういうときは、がんばって、読む。ミ
ステリーなんかで一応先が気になって読めるってこともある。

そういう場合、感想を聞かれると「んー、一応先が気になるからねー、最後ま
で読んだしぃ、面白いっちゃあ面白いけどお、文章がだめっ」と、最後に早口
に全否定みたいな感想になる。
3行読んで、「お、いいね、いいね」て思ったけど途中で気に入らないところ
がいっぱい出てくることはあっても、3行読んでだめだったものが、行を重ね
るにつれて持ち直すことはない。

こうしてメルマガを続けてきて、時間がなかったり気分的にあーんまり乗らな
いときにも、がんばって映画を観るなんてことも増えて、そりゃあとにかく、
観た映画の本数がたくさんになった。

で、その経験で、できるようになったことと言えば。3分観れば、だいたい、
その作品が好きかどうかわかるようになった。
本が字(言葉)だけでできているのに対し、映画は、背景の景色がきれいとか、
役者がとにかく美男子だとか、かかってる音楽だけは天下一品だとか、他の要
素もいっぱいあるから、最初の3分の比重は、最初の3行ほどではない。けれ
ど、最初に「だめ」て思ったものが、メルマガで取り上げてもいいな、と思う
程度に「よかった」と思えることは、やっぱりほとんどない。
それを私は一種の「語り口」だと思っている。おそらく、カメラの動き、対象
の映し出し方、フレームの切り方なんかで、好き嫌いを直感できるんだろう。

この作品、「ハズレかもしれないけど、一応」と半信半疑だった。でも、観は
じめたら。
タイトルや俳優の名前が1分半くらい。Tシャツにアイロンをスチームで、折
り目までつけてしっかりかける女を真横から映し、正面からに視点が移って、
奥の部屋へ向かう女を見やる。戻ってきた女はシャツに香水をふりかけ、その
香りを確かめると、満足そうに小さく笑みを浮かべ、大きなナイロンの袋に衣
類を詰め、画面はその袋の所帯じみた花柄が支配する。
その3分弱で、「お、これぜーったいアタリ」て思ってうれしかった。

そのアイロンがけが、何を意味するんだろうと、頭から思いっきり気がかりに
させてくれて、映画の中に自然に入り込める。しかも、アイロンも、そのかけ
方も、部屋も、リアルな生活感がある。
監督は、ドキュメンタリーのシリーズを撮っていたそうで、生活の細かなとこ
ろまで、一見執拗に、でも自然に映し出すのは、きっとドキュメンタリー的な
観察なのか、なんて思った。

上に書いた、冒頭のシークエンスを文章で表してみたいと思って、この作品を
取り上げたようなところもある。幸せな直感を与えてくれた、最初の3分だっ
た。

■INFORMATION
・DVD
『待つ女』
価格:¥ 3,441(定価:¥ 3,990)
http://www.amazon.co.jp/dp/B0011UGY08/ref=nosim/?tag=oushueiga-22

・引き続き、ちょっとワタワタしてます。
来週はたぶん普通に発行しますが、
その先、またぽつぽつ休むかもしれません。
よろしくお願いいたします。

---------------

感想・問い合わせはお気軽に。

編集・発行:あんどうちよ

リンクは自由ですが、転載には許可が必要です。
一部分を引用する場合には、連絡の必要はありませんが、
引用元を明記してください。

Copyright(C)2004-2008 Chiyo ANDO

---------------
タグ:フランス
posted by chiyo at 22:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

No.172 サルバドールの朝

================================================

欧 州 映 画 紀 行
              No.172   08.05.01配信
================================================

「ここじゃない何処か」に行ってしまいたい、あなたのための映画案内。
週末は、ビデオ鑑賞でヨーロッパに逃避旅行しませんか?
フランス映画を中心に、おすすめの欧州映画をご紹介いたします。

★ 大事な人を、もがれる痛み ★

作品はこちら
------------------------------------------------------------
タイトル:『サルバドールの朝』
製作:スペイン・イギリス/2006年
原題:Salvador

監督:マヌエル・ウエルガ(Manuel Huerga)
出演:ダニエル・ブリュール、トリスタン・ウヨア、
   レオナルド・スバラグリア、ホエル・ホアン、レオノール・ワトリング
-------------------------------------------------------------

■STORY&COMMENT
1970年代初頭、フランコ独裁政権下のスペイン。自由を求めて多くの若者が活
動していた。その流れに乗って、青年サルバドールも仲間と一緒に反体制活動
に加わった。
警察にマークされ、銃撃戦となったある日、彼のはなった弾で警官が死に、自
身も重症を負った。警官には他の銃弾も撃ち込まれていたが、捜査ではその事
実は隠され、警官殺しの罪は重く、サルバドールには死刑の判決が下された。
減刑を求める声も高まるが、執行の日は刻々と近づき……

たまたまだけれど、スペインの辛い歴史の映画が二度続いた。前回は、1940年
代、内戦で人の心も土地も荒廃していた。そして、そこからさらに独裁政権と
いう試練が訪れたスペインだ。この映画では独裁政権も末期の頃だが、カタルー
ニャ語(バルセロナ辺りで話される言葉)が禁止されているなど、内戦の頃か
ら続くスペインの悲しい側面が散見される。

公開当時、私の母が観てとてもよかったと話していて、「えー、意外だなー」
とピンとこなかった。だいたいどんな映画でも観れば楽しむ人ではあるが、当
時私は、この映画を、死刑になる時を映し出す苦しい映画、さらに政治的な要
素が加わっているとイメージしていたので、母の好みとは違うんじゃないかと
思ったのだ。

今回、観てその違和感が解けた。
これは、死に行く者をじっと見つめた物語。要素はまったく違うけれど、苦し
みへの寄り添い方はどこか難病の映画に似ている。
だから、サルバドールが何をしたか、よりも、死刑が決まった後の、サルバドー
ルと家族、弁護士、しだいに親しくなった看守との関わりがクライマックスだ。
自分にとって大事な人が、もがれるように連れ去られる痛みを、じっくりと時
間をかけて描く。
死刑を描くセンセーショナルでも、声高に訴えるメッセージでもなく、大切な
人が今に旅立ってしまうこと、激しい苦しみに突き落とされること、そして、
大切な人たちを遺して去らなければならないこと、とてもとても根源的なとこ
ろをずーんとズームして描く。

苦しくて辛い物語だけれど、人のつながりの強さを見せてくれる物語でもある。
いや、そのつながりが強いが故に、悲しく辛い、てこともあるのだけどね。

■COLUMN
主演のダニエル・ブリュール。『グッバイ、レーニン』とか『ベルリン、僕ら
の革命』とか、ドイツの面白い映画でこの俳優を知って、ドイツ若手ナンバー
ワンなんだな、と思っていた。
ドイツの映画だけじゃなくて、フランス映画『戦場のアリア』でドイツ人将校
役を、イギリス映画『ラヴェンダーの咲く庭で』では漂着したポーランド人ヴァ
イオリニストを演じていた。
なんだかどこの国の映画を観ていても出てくるなあ、と思っていたら、今度は
スペイン映画でスペイン人の役と聞いてびっくり。

で、ここでようやく調べてみた。
母がスペイン人、父がドイツ人、生まれはバルセロナで育ちはケルン、現在の
拠点はベルリン、毎年夏休みは母の故郷バルセロナで過ごし、ドイツ語もスペ
イン語も母語とのこと。本名はDaniel Cesar Martin Bruhl Gonzalez Domingo
(発音記号っぽいのは省略)。長いなあ。

これじゃあ、今までスペインの映画に出ていなかった(のかどうか、ちゃんと
は調べていないけど)のが不思議なくらいか。
きっとこれからも、国境を軽々と飛び越えて、ヨーロッパの俳優として活躍し
ていくんだろう。「ヨーロッパ」を「ひっさげて」アメリカに行ったりさー。

でも、ひょっとしたら、と思うのだけれど。
私はたまたま、ドイツもスペインも同程度に映画でしか知らずに、日本から二
つの国の映画を眺めている。だから、ドイツで有名なダニエル・ブリュールが
スペイン映画でも評価をもらってるなー、と思う。でも、これってドイツの人
からしたら、「へー、彼、スペインの映画に出たの? ああ、お母さんスペイ
ン人だから、スペイン語いけるんだ。ふーん」てなもんだったりしないだろう
か。「外国でもなんか出たんだ」って。
スペインの人からすれば、「サルバドール演った俳優って、ドイツで活動して
たの? 意外?」て具合に、ドイツでの役者活動はそんなに振り返られなかっ
たりして。

ヨーロッパはひとつといっても、やっぱりそこに暮らしている人はどうしよう
もなく自国、もしくは自分の地域中心にものを見るだろう。だから、「ヨーロッ
パを代表する俳優」なんて、この極東の地ではありがたいコピーになっても、
やっぱり、ヨーロッパでは、ある時はドイツの俳優、ある時はスペインの俳優、
の方が自然でとっつきやすい、ていうことはないかなあ。

ダニエル・ブリュール、今度はどこの国の映画で、何人の役だろう。ちょっと
楽しみ。

上に登場した作品のなかで、前にこのメルマガでとりあげたもの
『グッバイ、レーニン』
http://mille-feuilles.hp.infoseek.co.jp/cinema/back/film032.html
『ベルリン、僕らの革命』
http://mille-feuilles.hp.infoseek.co.jp/cinema/back/film077.html
『戦場のアリア』
http://mille-feuilles.hp.infoseek.co.jp/cinema/back/film126.html


■INFORMATION
★DVD
サルバドールの朝
価格:¥ 3,198(定価:¥ 3,990)
http://www.amazon.co.jp/dp/B0012IU112/ref=nosim/?tag=oushueiga-22

★まぐまぐ版のバックナンバーがケータイからも読めるようになったそうです。
移動中、眠れない夜などに、どうぞ。http://a.mag2.com/0000131928/
このメルマガ、ケータイで読むには長い気もしますが。

★最近、ちょっとバタバタしております。
ひょっとすると来週、再来週あたり、休刊するかもしれません。
マガジンが来なかったら、「あー、あやつはバタバタしとるな」と
思っていてください。観る時間と書く時間があれば、発行します。

---------------

感想・問い合わせ、コメントもお気軽に。お返事しますよ。


編集・発行:あんどうちよ

リンクは自由ですが、転載には許可が必要です。
一部分を引用する場合には、連絡の必要はありませんが、
引用元を明記してください。

Copyright(C)2004-2008 Chiyo ANDO

---------------

タグ:スペイン
posted by chiyo at 19:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

No.171 パンズ・ラビリンス

================================================

欧 州 映 画 紀 行
            No.171   08.04.24配信
================================================

「ここじゃない何処か」に行ってしまいたい、あなたのための映画案内。
週末は、ビデオ鑑賞でヨーロッパに逃避旅行しませんか?
フランス映画を中心に、おすすめの欧州映画をご紹介いたします。

★ 幻想を持てることは、絶望か、希望か ★

作品はこちら
------------------------------------------------------------
タイトル:『パンズ・ラビリンス』
製作:スペイン・メキシコ・アメリカ/2006年
原題:El laberinto del fauno 英語題:Pan's Labyrinth

監督・脚本:ギレルモ・デル・トロ(Guillermo del Toro)
出演:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、
   ダグ・ジョーンズ、アリアドナ・ヒル、アレックス・アングロ
-------------------------------------------------------------

■STORY&COMMENT
1944年スペイン。内戦終結後も、フランコ政権に抵抗する人々がゲリラとなっ
て山中に潜んでいた。内戦で父を亡くしたオフェリアは、母の再婚相手のビダ
ル大尉のもとに来た。ビダルはゲリラを一掃しようとする冷徹な男。妊娠中の
母にも冷たい。
おとぎ話の好きなオフェリアは、残酷で冷たい現実から逃れ、空想の迷宮に迷
い込み、地下の国のプリンセスの生まれ変わりとして、「試練」に挑むことに
なる。

公開当時、「スペイン内戦下、少女が空想の世界に逃げ込む」という内容を聞
いて、それってビクトル・エリセ監督の『ミツバチのささやき』そのまんまじゃ
ん。二番煎じだったらつまらんのう。とぐだぐだ考えていた。「名画」だと思っ
ている映画だから、どうも引っかかるところがあったのだ。そんな訳で、いい
評判を聞いても、なーんとなく観る気にならず、気づけばDVDのレンタルが開
始されていた。時ってあっというまに過ぎていくなあ。

観てみたら、二番煎じなんてことは全然なかった。
懐中時計の使い方など『ミツバチのささやき』へのオマージュか、目くばせか、
と思わせるところもあるが、「幻想」部分がもっと物語にくいこんでいる点で、
まったく違う印象を持った作品だ。

この映画は、「ファンタジー映画」なのか「スペイン内戦を描くドラマ」なの
か、定義づけがしにくい、と言われるらしい。まあ、そうだろうね、だって両
方だもん。定義とかジャンル分けとかする立場じゃなくてよかった。

オフェリアの逃げ込んだ空想の世界は二重の意味で物語にくいこんでいる。
1つには、CG技術で「幻想の世界」を完全に映像として見せていて、その映像
そのものが作品の肝の一端となっていること。そしてもう1つは、その「幻想
の世界」は、そこで完結せず「現実の世界」に影響を及ぼしているということ。
だから、オフェリアの幻想は、果たして「幻想」だったのか、「現実」に起こっ
たことなんじゃないの? という解釈の議論も起こる。

『ミツバチのささやき』では、成長した主人公は、幻想と現実の折り合いをつ
けた(ように私には感じられた)。でも、この作品のオフェリアは、もっと深
く、「幻想の世界」にはまりこみ、「幻想の世界」が「現実の世界」を浸食し
ているように感じられる。
舞台は1944年だ。しかしこれを捉える現代、21世紀には、もう幻想の世界しか
逃げ込むところは本当になくなった、という絶望なのか。それとも、幻想のよ
うな世界をいつか迎えるだろう希望なのか。
どう捉えていいものか、しばし考えちゃったなあ。

★前に書いた『ミツバチのささやき』
http://mille-feuilles.hp.infoseek.co.jp/cinema/back/film023.html

■COLUMN
こういうの、きちんと作品を鑑賞する人には怒られるかもしれない。
このDVD、翌日観ようと思っていたのを、夜眠れなかったから、ベッドのなか
ポータブルDVDで観始めて、そのまま最後まで観てしまった。

なんだか、子どもが寝床で隠れて遅くまで本を読んでいるみたいに、夜のシー
ンとしたなかでこれを観るのは、思いの外合っていた。

守護神パンに言われて夜中にこっそり試練の旅に出るオフェリアが、見つから
ないかと、闇のなかでびくびくし、試練の旅のなかでうまくやれないのではと
ハラハラする。子どもがこっそり何かをすることと、布団にもぐって映画を観
る姿勢が、どこかでオーバーラップして、妙な具合にリアルに世界に入り込む。

オフェリアの幻想に唯一理解を示してくれた、お手伝いのメルセデスが、ゲリ
ラの支援するところでは、何度も何度も見てられないよと布団をかぶる。
ビダル大尉の拷問(実際には結局映像には出てこない)も、「きゅーん、怖い
よぉ」と毛布をつかんで目をふせた。

大半は、私が怖がりであることが原因だけれど、やはりこの状況が作りだした
ものは大きくて、この感じって、ふつうに映画館で観ていても、ふつうにテレ
ビで観ていても、得られなかったものだと思う。

映画館の大画面で観るのがいちばん、という人もいるけれど、私は不思議なこ
とに、そういうこと全然思わない。映画館で観るのは、もちろんいい。でもそ
れが常に最良の方法だとは思わない。
家で自分の好きな飲み物片手にリラックスして観るのもいいし、飛行機のなか
で偶然観たら、やたらと心に沁みたってこともあるだろう。
映画館のスクリーンで観ることを前提として、作り手は作っているんだから、
映画館が作り手の意図を最もくみ取れるという意見もあるらしいけれど、作り
手の意図とやらが、観る側の心の在りようとか、都合とか、思いこみを含めた
感情のブレに、つねに優先する理由なんてない。(勝手に作りかえるとか、リ
メイクするとかいうのは、別の話ですよ)

なんて気張ってみても、要するに「好きずきでしょ」てとこに落ち着くのかな。
ふだんとちょっと違う環境で観てみると、映画ともちょっと変わった出会いが
できるかも、そんなことを思った深夜のこっそり映画鑑賞だった。

■INFORMATION
★DVD
パンズ・ラビリンス 通常版
価格:¥ 2,953(定価:¥ 3,990)
http://www.amazon.co.jp/dp/B0012EGL4M/ref=nosim/?tag=oushueiga-22

★まぐまぐ版のバックナンバーがケータイからも読めるようになったそうです。
移動中、眠れない夜などに、どうぞ。http://a.mag2.com/0000131928/
このメルマガ、ケータイで読むには長い気もしますが。

★最近、ちょっとパタパタしております。
ひょっとすると来週、再来週あたり、休刊するかもしれません。
マガジンが来なかったら、「あー、あやつはパタパタしとるな」と
思っていてください。観る時間と書く時間があれば、発行します。

---------------

感想・問い合わせはお気軽に。

編集・発行:あんどうちよ

リンクは自由ですが、転載には許可が必要です。
一部分を引用する場合には、連絡の必要はありませんが、
引用元を明記してください。

Copyright(C)2004-2008 Chiyo ANDO

---------------


タグ:スペイン
posted by chiyo at 11:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする